研究者
J-GLOBAL ID:202001003773982894   更新日: 2024年02月16日

神吉 隆司

カンキ タカシ | Kanki Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 海上保安大学校  海上保安国際研究センター 
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Takashi-Kanki
研究分野 (4件): プラズマ科学 ,  核融合学 ,  プラズマ応用科学 ,  量子ビーム科学
研究キーワード (9件): 数値解析 ,  数値シミュレーション ,  自己組織化 ,  電磁流体力学 ,  超高ベータ緩和配位 ,  プラズマ流 ,  ヘリシティ入射 ,  球状トーラス ,  2流体平衡
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2024 磁気ヘリシティ入射で発現するプラズモイド磁気リコネクションと高速イオン加熱
  • 2021 - 2023 一様エネルギーを持つ化学的活性負イオンによる正確で上質なナノプロセス方式への転換
  • 2019 - 2020 制御ヒドリドを用いた上質な還元ナノプロセスの実証
  • 2015 - 2018 高ベータ自己組織化プラズマの流れを持つ2流体平衡と安定性に関する基礎研究
  • 2014 - 2017 イオン流体と電子流体を用いた2流体プラズマ生成の試行と基礎的枠組みの統合的提示
全件表示
論文 (24件):
  • Takashi Kanki, Haruhiko Himura. Simulations of novel compact separator for extracting specific reactive ions from large plasma source. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS. 2022. 61. SI1004-1-SI1004-7
  • Takashi Kanki, Haruhiko Himura, Katsuyoshi Tsumori, Haruhisa Nakano. Simulations of negative ion extraction and transport for developing novel remote reactive ion processing system. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS. 2020. 59. SJJE01-1-SJJE01-5
  • Takashi Kanki, Masayoshi Nagata. Computation of two-fluid flowing equilibrium of spherical torus plasma using multi-grid method. INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED ELECTROMAGNETICS AND MECHANICS. 2019. 59. 2. 439-446
  • KANKI Takashi, NAGATA Masayoshi, KAGEI Yasuhiro. Magnetohydrodynamic Simulation of Kink Instability and Plasma Flow during Sustainment of a Coaxial Gun Spheromak. Plasma and Fusion Research. 2010. 5. S2055-1-S2055-4
  • T. Kanki, M. Nagata and Y. Kagei. Nonlinear MHD Simulation of Current Drive by Coaxial Helicity Injection in Spherical Torus. Journal of Plasma and Fusion Research SERIES. 2009. 8. 1167-1170
もっと見る
MISC (54件):
  • 西尾昴, 岡田敏和, 中島雄太郎, 稲垣秦一郎, 比村治彦, 神吉隆司, 三瓶明希夫. 低温プラズマから反応性イオンのみを引き出す小型選別器の開発研究. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2022. 83rd
  • 神吉隆司, 永田正義. 同軸ヘリシティ入射で形成される球状トーラスの2流体と1流体平衡構造の比較. プラズマ・核融合学会年会(Web). 2022. 39th
  • 西尾昴, 岡田敏和, 中島雄太郎, 稲垣秦一郎, 比村治彦, 神吉隆司, 三瓶明希夫, 守屋剛. 低温プラズマから反応性イオンのみを引き出す小型選別器の開発研究. プラズマ・核融合学会年会(Web). 2022. 39th
  • 神吉隆司, 比村治彦. マイクロ波プラズマ源を用いた負イオンプロセス装置の設計のための負イオン軌道シミュレーション. プラズマ・核融合学会年会(Web). 2022. 39th
  • 香月悠良, 岡内航, 鞆津匠人, 比村治彦, 三瓶明希夫, 神吉隆司, 守屋剛. ナノプロセスに用いるためのマイクロ波プラズマの生成・負イオン引き出し・偏向実験. プラズマ・核融合学会年会(Web). 2022. 39th
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1994 - 1997 姫路工業大学 大学院工学研究科 生産工学専攻 博士課程
  • 1994 - 1996 日本原子力研究所 那珂研究所 炉心プラズマ研究部 プラズマ理論研究室
  • 1992 - 1994 姫路工業大学 大学院工学研究科 電気電子工学専攻 修士課程
  • 1988 - 1992 姫路工業大学(現 兵庫県立大学) 工学部 電気工学科
  • 1985 - 1988 兵庫県立 加古川東高等学校
学位 (1件):
  • 博士(工学) (姫路工業大学)
経歴 (9件):
  • 2015/10 - 現在 政策研究大学院大学 海上保安政策プログラム 連携教授
  • 2010/04 - 現在 海上保安大学校 海事工学講座 教授
  • 2003/04 - 現在 核融合科学研究所 共同研究員
  • 2007/04 - 2010/03 海上保安大学校 海事工学講座 准教授
  • 2004/04 - 2007/03 海上保安大学校 海事工学講座 助教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2018/07 - 2020/06 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
  • 2016/07 - 2018/06 プラズマ・核融合学会 編集委員
受賞 (1件):
  • 1999/05 - 高温学会 学術奨励賞
所属学会 (3件):
アジア太平洋物理学会連合 プラズマ物理分科会 ,  日本物理学会 ,  プラズマ・核融合学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る