研究者
J-GLOBAL ID:202001003946378440   更新日: 2021年01月12日

下茂 道人

Shimo Michito
研究分野 (1件): 地盤工学
研究キーワード (8件): キャビティリングダウン分光法技術による活断層調査 ,  高レベル放射性廃棄物処分に係わる地下水・物質移行評価 ,  地下空洞建設時の地下水モニタリング ,  トンネル・ダムの地下水問題 ,  広域地下水流動解析 ,  等価不均質連続体モデル ,  室内および原位置透水・トレーサー試験 ,  亀裂性岩盤内の水理・物質移行解析
論文 (20件):
  • 下茂道人, 丹羽正和, 天野健治, 徳永朋祥, 戸野倉賢一, 松岡俊文, セバスチャン・ビロー. キ ャビティーリングダウン分光法を用いた 大気中微量メタンガス測定による活断層調査. 深田地質研究所年報. 2020. 20. 45-54
  • 下茂 道人, 熊本創, 松岡稔幸, 石井 英一. マトリクス拡散を考慮した不連続性岩盤の巨視的物質移行特性の評価手法に関する基礎的検討. 第46回岩盤力学に関するシンポジウム. 2019. 237-242
  • 下茂道人, 竹内真司, 竹内竜史, 後藤和幸, 中野勝志. 水中浮遊型プローブを用いた地下水検層技術の開発-測定概念と実用化に向けた基礎実験-. 第45回岩盤力学に関するシンポジウム. 2018. 264-269
  • 下茂道人. 不連続性岩盤中における水みちの形成要因と巨視的透水係数の評価手法に関する考察. 第14回岩の力学シンポジウム,土木学会. 2017
  • 下茂道人, 島屋 進, 山上 順民, 宇野 晴彦, 前島 俊雄. ボーリング透気試験による花崗岩の気密性および透気性の評価. 第42回岩盤力学に関するシンポジウム. 2014
もっと見る
MISC (3件):
  • 下茂道人, 熊本 創, 尾上博則, 三枝博光. 超深地層研究所計画 ( 岩盤の水理に関する調査研究 ) 研究坑道掘削に伴う地下水流動場の変化を考慮し た地下水流動のモデル化・解析 (2006 ~ 2007 年 度 ). JAEA-Research. 2011. 2011-017. 133
  • 下茂 道人, 熊本 創, 伊東 章, 唐崎 建二, 澤田 淳, 小田 好博, 佐藤 久. 亀裂を有する堆積岩の水理・物質移行評価のための試験手法の検討と解析(共同研究). JAEA-Research 2010-040. 2010. 2010-040. 57
  • 下茂道人, 熊本創, 前川恵輔. 亀裂を有する軟岩の水理・物質移行データの取得・解析. JAEA-Research. 2007. 2007-016. 141
書籍 (3件):
  • 岩の力学 : 50年の歩みと未来への展望
    2014
  • ダム建設における水理地質構造の調査と止水設計
    2001
  • 岩の力学-基礎から応用まで
    1993
講演・口頭発表等 (6件):
  • Using precise trace gas measurements to investigate active fault: an example at the Atera Fault, Gifu prefecture (Poster)
    (2019 AGU Fall Meeting, San Francisco, USA 2019)
  • 等価不均質連続体モデルの狭域~広域地下水流動解析への適用事例(招待講演)
    (シンポジウム「放射性廃棄物処分に係る亀裂性岩盤中の地下水流動および物質移行特性の調査・評価手法の最新動向について」土木学会 エネルギー委員会 2019)
  • Groundwater management using water injection boreholes during construction of unlined underground LPG Storage caverns (Keynote Lecture)
    (International Workshop on Underground Oil/Gas Storage, Shenyang, China 2019)
  • 可搬型キャビティーリングダウン分光装置を用いた地表付近の極微量メタ ンガス濃度測定による活断層位置の特定:阿寺断層での測定事例(ポスター発表)
    (日本地球惑星科学連合2019年大会 2019)
  • 不連続性岩盤中における水みちの形成要因と巨視的透水係数評価手法に関する考察(招待講演)
    (第3回岩盤力学イブニングセミナー 2017)
もっと見る
Works (18件):
  • キャビティリングダウン分光法を用いた高精度大気中微量ガス測定による断層検知技術の開発
    2019 - 現在
  • 水中浮遊型プローブを用いた水みち検層技術の開発
    2017 - 現在
  • マトリクス拡散を考慮した岩盤の巨視的物質移行特性の評価手法の研究
    2016 - 2019
  • 高エネルギーX線CTを用いた亀裂の可視化手法に関する研究
    2016 - 2018
  • 亀裂制岩盤の透気特性の原位置評価技術の開発
    2010 - 2012
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1976 - 1978 九州大学 水工土木工学科大学院修士課程
  • 1972 - 1976 九州大学 水工土木工学科
経歴 (3件):
  • 2014/02 - 現在 公益財団法人深田地質研究所 主席研究員
  • 1978/04 - 2014/01 大成建設(株) 技術センター 栄誉研究員部長
  • 1983/09 - 1985/08 Lawrence Berkeley National Laboratory, USA Earth Science Division Visiting Scholar
委員歴 (4件):
  • 2010/04 - 現在 土木学会 岩盤力学委員会
  • 1991 - 現在 材料学会 岩石力学委員会
  • 2017/04 - 2019/03 土木学会 編集委員会
  • 1999/04 - 2001/06 土木学会 ダム委員会
受賞 (1件):
  • 2017/01 - 岩の力学連合会 第14回岩の力学国内シンポジウム優秀講演賞 不連続性岩盤中における水みちの形 成要因と巨視的透水係数の評価手法 に関する考察
所属学会 (5件):
International Society for Rock Mechanics ,  岩の力学連合会 ,  材料学会 ,  地盤工学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る