研究者
J-GLOBAL ID:202001004459193865   更新日: 2021年10月27日

小林 安文

コバヤシ ヤスフミ | Kobayashi Yasufumi
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2010 - 2011 STOP1転写因子が制御する植物の酸性土壌耐性システムに関する研究
論文 (21件):
  • Takuya Ogata, Masami Toyoshima, Chihiro Yamamizo-Oda, Yasufumi Kobayashi, Kenichiro Fujii, Kojiro Tanaka, Tsutomu Tanaka, Hiroharu Mizukoshi, Yasuo Yasui, Yukari Nagatoshi, et al. Virus-Mediated Transient Expression Techniques Enable Functional Genomics Studies and Modulations of Betalain Biosynthesis and Plant Height in Quinoa. Frontiers in Plant Science. 2021. 12
  • Nobuyuki Mizuno, Masami Toyoshima, Miki Fujita, Shota Fukuda, Yasufumi Kobayashi, Mariko Ueno, Kojiro Tanaka, Tsutomu Tanaka, Eiji Nishihara, Hiroharu Mizukoshi, et al. The genotype-dependent phenotypic landscape of quinoa in salt tolerance and key growth traits. DNA Research. 2020. 27. 4
  • A. Kundu, S. Das, S. Basu, Y. Kobayashi, Y. Kobayashi, H. Koyama, M. Ganesan. GhSTOP1, a C2H2 type zinc finger transcription factor is essential for aluminum and proton stress tolerance and lateral root initiation in cotton. Plant Biology. 2019. 21. 1. 35-44
  • Richa Srivastava, Sanjeev Kumar, Yasufumi Kobayashi, Kazutaka Kusunoki, Prateek Tripathi, Yuriko Kobayashi, Hiroyuki Koyama, Lingaraj Sahoo. Comparative genome-wide analysis of WRKY transcription factors in two Asian legume crops: Adzuki bean and Mung bean. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Kazutaka Kusunoki, Yasufumi Kobayashi, Yuriko Kobayashi, Hiroyuki Koyama. Comparative characterization of aluminum responsive transcriptome in Arabidopsis roots: comparison with other rhizotoxic ions at different stress intensities. Soil Science and Plant Nutrition. 2018. 64. 4. 469-481
もっと見る
MISC (11件):
  • 楠 和隆, 小林 安文, 小林 佑理子, 小山 博之. P4-3-14 シロイヌナズナ根部のイオンストレスに応答するトランスクリプトーム解析(ポスター,4-3 植物の有害元素,2014年度東京大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2014. 60. 78-78
  • 伊藤 弘樹, 小林 安文, 小林 佑理子, 井内 聖, 小林 正智, 小山 博之. P4-3-4 STOP1転写制御システムにおける有機酸輸送体遺伝子の複雑転写制御(ポスター,4-3 植物の有害元素,2014年度東京大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2014. 60. 75-75
  • 伊藤 弘樹, 小林 安文, 小林 佑理子. シロイヌナズナSTOP1遺伝子過剰発現組換え体のトランスクリプトーム解析 (第47回 日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会). 無菌生物. 2014. 44. 2. 142-146
  • 杉本 美貴, 小林 祐里子, 小林 安文, 井内 聖, 小林 正智, 小山 博之. 10-6 シロイヌナズナのリンゴ酸トランスポーターAtALMT1遺伝子の発現制御解析(10.植物の微量栄養素,2012年度鳥取大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2012. 58. 63-63
  • 小林 安文, Markkandan Ganesan, 小林 佑理子, 山中 哲史, 小山 博之. P11-13 Metabolic adaptation of Arabidopsis facing acid soil syndrome. 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2012. 58. 87-87
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • Natural variation of tissue-specific Na+ accumulation in young quinoa seedlings
    (日本植物生理学会 2019)
  • Na+ compartmentalization related to salinity stress tolerance in quinoa seedlings
    (日本植物生理学会 2018)
  • Multiple signaling pathways for AtALMT1 expression that affect pleiotropic stress tolerance phenotypes
    (International Conference on Natural Management and Technology Trends 2017)
  • Analysis of aluminum stress in Arabidopsis using the model of electrostatic interaction of ions at the plasma membrane
    (International Conference on Functional Plant Biology 2017)
  • 細胞膜表面をターゲットとしたアルミニウムストレスの解析
    (日本植物生理学会 2014)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2013/10 - 2015/09 岐阜大学大学院連合農学研究科 特別協力研究員
所属学会 (4件):
日本分子生物学会 ,  日本無菌生物ノートバイオロジー学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本土壌肥料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る