研究者
J-GLOBAL ID:202001004714018223   更新日: 2021年04月19日

谷口 貴紀

タニグチ タカノリ | Taniguchi Takanori
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (7件):
  • CeCoIn5における超低温NMR. 2020. 102. 16
  • H || cのCeCoIn5が示す上部臨界磁場付近の磁気不安定性の捜索. 2020. 30. 01107
  • PrTi2Al20の強四極子秩序相の磁場方位依存性. 2020. 89. 043701
  • T*型La1-x/2Eu1-x/2SrxCuO4 (0.14 ≤ x ≤ 0.28)のスピングラス的磁性と超伝導における酸素アニール効果. 2019. 88. 084709
  • PrTi2Al20が示す磁場下における強四極子秩序変数のスイッチング. 2019. 88. 084707
もっと見る
書籍 (3件):
  • PrTi2Al20における強四極子秩序変数の磁場によるスイッチング -磁場に依存する四極子間相互作用について-
    固体物理 2020
  • PrTi2Al20が示す磁場による強四極子秩序変数のスイッチング
    J-Physics News Letter 2019
  • NMRと磁化測定によるPrTi2Al20の磁場誘起相転移の観測
    J-Physics News Letter 2018
講演・口頭発表等 (41件):
  • 重い電子化合物YbCu4Auの単結晶育成とその基礎物性
    (日本物理学会 2021)
  • The magnetic field dependence of the electric quadrupole ordering in PrTi2Al20
    (Muroran Institute of Technology Rare Earth Workshop 2020)
  • PrTi2Al20における磁場による強四極子秩序変数の変化
    (2020)
  • La-NMRからみたT*型La1-x/2Eu1-x/2SrxCuO4のアニール効果
    (2019)
  • H || cに対するCeCoIn5の上部臨界磁場近傍の超伝導状態のNMRによる研究
    (2019)
もっと見る
受賞 (3件):
  • 2018/03 - J-Physics全体会議 最優秀ポスター賞
  • 2017/11 - 物性科学領域横断研究会 最優秀ポスター賞
  • 2017/09 - J-Physics国際会議 Best Poster Award
所属学会 (3件):
日本中間子科学会 ,  日本中性子科学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る