研究者
J-GLOBAL ID:202001005074197440   更新日: 2021年10月18日

井上 絵梨

イノウエ エリ | Inoue Eri
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (1件): ワイン、フェノール化合物の抽出、タンニン、アントシアニン
論文 (6件):
  • 井上絵梨, 久本雅嗣, 渡辺(斉藤)史恵, 奥田徹. 赤ワイン醸造時のマスト液体および果皮中のフェノール化合物濃度の変化. 日本ブドウ・ワイン学会誌. 2020
  • 赤ワイン醸造においてブドウ由来不溶性化合物がフェノール化合物の動態に与える影響. 2020
  • 井上絵梨, 岸本宗和, 根本学, 渡辺晃樹, 齋藤浩, 小山和哉, 後藤奈美, 美濃英俊, 鈴木智博, 奥田徹. 山梨県内の標高が異なる圃場における‘シャルドネ’および‘メルロー’の生育および果実成分の差異. 日本ブドウ・ワイン学会誌. 2019
  • Inoue E, Kobayashi H, Hoshino R, Hisamoto M, Watanabe-Saito F, Okuda T. Adsorption Properties of Grape Phenolics to Grape Insoluble Cell Wall Materials. Food Science and Technology Research. 2019
  • Okuda T, Kawai E, Harada J, Inoue E, Hisamoto M, Saito-Watanabe F. Inhibition of Polyphenol Oxidase by Quercetin Derivatives in Grape Skin. American Journal of Enology and Viticulture. 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 山梨県内における圃場の標高が‘シャルドネ’および‘メルロー’の生育および果実成分に及ぼす影響
    (日本ブドウ・ワイン学会 2019)
  • Grape Skin Insoluble Polysaccharides Affect Red Wine Polyphenol Concentration during Fermentation
    (ASEV National Conference 2019)
  • 山梨県における圃場の標高と‘シャルドネ’および‘メルロー’の生育について
    (日本ブドウ・ワイン学会 2018)
  • Adsorption Potential of Grape Insoluble Polysaccharides to Red Wine Phenolics
    (ASEV National Conference 2018)
  • Influence of Polyphenol Adsorption to Grape Insoluble Polysaccharides on Polyphenol Extraction during Red Winemaking
    (ASEV National Conference 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2015 - 2020 山梨大学大学院 環境社会創生工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (山梨大学大学院)
受賞 (2件):
  • 2017/01 - 山梨大学 男女共同参画学術賞 研究奨励賞 赤ワイン醸造におけるポリフェノール抽出機構
  • 2015/11 - 日本ブドウ・ワイン学会 大会発表賞 赤ワインにおけるポリフェノールの抽出挙動
所属学会 (1件):
日本ブドウ・ワイン学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る