研究者
J-GLOBAL ID:202001005100785585   更新日: 2021年07月03日

梶田 展人

カジタ ヒロト | Kajita Hiroto
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究キーワード (3件): 陸水学 ,  地球化学 ,  古気候・古海洋学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2024 バイオマーカーと宇宙線生成核種から解き明かす温暖期の急激な気候寒冷化のメカニズム
  • 2021 - 2022 「千葉セクション」から始める房総半島のバイオマーカー古環境研究
  • 2020 - 2021 Behavior of silicon isotope in chemical weathering and large Asian rivers
  • 2018 - 2021 東アジアにおける完新世の環境変動の高時間解像度解析と中国文明盛衰の関係
  • 2019 - 2019 雲南省における湖沼とヒマラヤ大河川の調査計画
全件表示
論文 (10件):
  • Hiroto Kajita, Ayumi Maeda, Masayuki Utsunomiya, Toshihiro Yoshimura, Naohiko Ohkouchi, Atsushi Suzuki, Hodaka Kawahata. Biomarkers in the rock outcrop of the Kazusa Group reveal palaeoenvironments of the Kuroshio region. Communications Earth & Environment. 2021. 2. 82
  • Yutaka Okumura, Hiromi Matsuoka, Hisayuki Arakawa, Fuyuki Tokanai, Atsushi Suzuki, Toshiaki Irizuki, Hiroto Kajita, Motoyuki Hara. The influence and impact of tsunamis on the microorganism assembly of Nagatsura-Ura Lagoon, Miyagi, northeastern Japan. Fisheries Science. 2021. 87. 121-130
  • 梶田展人, 中村英人. アルケノン生産種の多様性-陸水域における温度プロキシとしての発展について-. 地球化学. 2020. 54. 2. 79-96
  • Hiroto Kajita, Yuki Ota, Toshihiro Yoshimura, Daisuke Araoka, Takuya Manaka, Ouyang Ziyu, Shinya Iwasaki, Takuya Yanase, Akihiko Inamura, Etsuo Uchida, et al. Seasonal and Spatial Variations of Chemical Weathering in the Mekong Basin: From the Headwaters to the Lower Reaches. Aquatic Geochemistry. 2020. 26. 137-159
  • Hiroto Kajita, Naomi Harada, Yusuke Yokoyama, Miyako Sato, Nanako Ogawa, Yosuke Miyairi, Chikako Sawada, Atsushi Suzuki, Hodaka Kawahata. High time-resolution alkenone paleotemperature variations in Tokyo Bay during the Meghalayan: Implications for cold climates and social unrest in Japan. Quaternary Science Reviews. 2020. 230
もっと見る
MISC (4件):
  • 梶田展人. アルケノン古水温計の新展開-沿岸・湖沼堆積物と堆積岩への適用-. 地球化学. 2021. 55. 2. 59-60
  • 梶田 展人, 中村 英人, 大河内 直彦, 原田 尚美, 佐藤 都, 植田 真司, 川幡 穂高. 青森県鷹架沼におけるアルケノン古水温復元の試み. 日本地球化学会第67回年会講演要旨集. 2021. 77
  • 梶田 展人, 中村 英人, 川幡 穂高. Isochrydaceae科ハプト藻が合成するアルケノン -国内湖沼における研究例-. 日本地球化学会年会要旨集. 2019. 66. 0. 48-48
  • 川幡 穂高, 八田 良樹, 梶田 展人, 太田 雄貴, 仁科 健二, 池田 昌之, 羽生 淳子. 北日本(噴火湾)におけるエルニーニョに起因すると推定される低温期に関する考察. 日本地質学会学術大会講演要旨. 2018. 2018. 0. 314-314
講演・口頭発表等 (1件):
  • メコン川流域における化学風化反応量の季節・空間変動:源流から河口まで
    (日本地球惑星科学連合2021年大会 2021)
学歴 (3件):
  • 2018 - 2021 東京大学 地球惑星科学専攻
  • 2016 - 2018 東京大学 地球惑星科学専攻
  • 2012 - 2016 北海道大学 地球惑星科学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2018/04 - 2021/03 日本学術振興会特別研究員 DC1
受賞 (3件):
  • 2021/03 - 東京大学 大気海洋研究所 所長賞
  • 2021/03 - 東京大学 理学系研究科研究奨励賞(博士)
  • 2018/11 - 地球環境史学会 優秀発表賞
所属学会 (3件):
地球環境史学会 ,  日本地球化学会 ,  日本地球惑星科学連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る