研究者
J-GLOBAL ID:202001005269028341   更新日: 2020年10月22日

石田 尚夫

イシダ ヒサオ | ISHIDA HISAO
所属機関・部署:
職名: 特任助教
論文 (1件):
  • H Ishida, T Mitamura, Y Takahashi, A Hisatomi, Y Fukuhara, K Murato, K Ohara. Cataract development induced by repeated oral dosing with FK506 (tacrolimus) in adult rats. Toxicology. 1997. 123. 3. 167-75
MISC (6件):
  • 松本 和美, 財前 和代, 宮本 厚司, 石田 尚夫. P-117 化合物シクロホスファミドを用いた反復投与による肝臓小核試験法の有用性の検討 : MMS共同研究の個別報告(VII.遺伝毒性試験法(II),ポスターセッション). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2012. 41. 149-149
  • 山田 篤, 森口 聡, 岡崎 欣正, 大石 裕司, 外岡 輝子, 木村 守, 布留川 恵美子, 小川 まり, 栗本 優子, 石田 尚夫, et al. Wistar Hannoverラットの生物学的特徴に対する供給源の差に関する検討. 日本トキシコロジー学会学術年会. 2010. 37. 0. 215-215
  • 小原 要, 平野 有里, 石田 尚夫, 三田村 孝, 野口 英世. Possible involvement of lymphocyte activating factor(LAF) as an endogenous pyrogen in fever induced by the cell wall skeleton of Nocardia rubra(N-CWS). CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 1990. 38. 3. 804-806
  • 小原 要, 平野 有里, 石田 尚夫, 藤津 隆, 小野 隆治, 森 襄, 天正 明. A possible mechanism of fever induced by Nocardia rubra cell wall skeleton (N-CWS) in experimental animals. CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 1989. 37. 10. 2790-2794
  • 小原 要, 平野 有里, 石田 尚夫, 森 襄, 天正 明. Possible involvement of a tumor necrosis factor (TNF)-like mediator as an endogenous pyrogen in fever induction by Nocardia rubra cell wall skeleton (N-CWS). CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 1989. 37. 10. 2795-2798
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る