研究者
J-GLOBAL ID:202001005304648781   更新日: 2021年12月22日

張 天昊

チョウ テンコウ | Zhang Tianhao
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://zhang-th.wixsite.com/main
研究分野 (1件): 建築構造、材料
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 曲線折り紙による曲面展開構造システムの構築
  • 2018 - 2023 植物との力学的アナロジーに学ぶ巨大建築構造システム設計
  • 2019 - 2021 重力を考慮した折り紙構造の数値解析手法の開発
論文 (7件):
  • Tianhao Zhang, Ken'ichi Kawaguchi. Folding analysis for thick origami with kinematic frame models concerning gravity. AUTOMATION IN CONSTRUCTION. 2021. 127
  • Wu, M., Zhang, T., Xiang, P., Guan, F. Single-Layer Deployable Truss Structure Driven by Elastic Components. Journal of Aerospace Engineering. 2019. 32. 2
  • Zhang, T., Kawaguchi, K., Wu, M. Concept and Preliminary Analysis of Novel Movable Structural System for Cable-Stayed Footbridge. Journal of Bridge Engineering. 2019. 24. 4
  • Zhang, T., Kawaguchi, K., Wu, M. Optimization of Frame Structures with Kinematical Indeterminacy for Optimum Folding. Journal of Engineering Mechanics. 2019. 145. 9
  • Tianhao Zhang, Ken'ichi Kawaguchi, Minger Wu. A folding analysis method for origami based on the frame with kinematic indeterminacy. INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES. 2018. 146. 234-248
もっと見る
MISC (9件):
  • 中楚 洋介, 川口 健一, 張 天昊, 幸田 雄太, 李 陽洋, 梅田 直哉. 2021年2月13日の福島県沖の地震による大規模集客施設における天井落下被害調査について. 生産研究. 2021. 73. 5. 345-353
  • 和田 亮佑, 川口 健一, 張 天昊. 20447 鏡映反転を用いた曲線折りに関する基礎的な調査. 構造I. 2020. 2020. 921-922
  • 張 天昊, 川口 健一, 呉 明児. 20442 重力と厚みを考慮した折り紙の畳み込みに関する基礎的研究. 構造I. 2020. 2020. 911-912
  • 小御門 真伍, 川口 健一, 中楚 洋介, 細見 亮太, 石塚 広一, 張 天昊, 出村 拓. 20338 植物の力学的最適化戦略に学ぶサステナブル建築構造システムにおける巨大建築設計手法の導出と数値解析 その2 分裂する細胞とプリミティブな成長ルールが生成する成長パターンの簡単な解析. 構造I. 2020. 2020. 693-696
  • 武藤 宝, 川口 健一, 中楚 洋介, 張 天昊. 20337 ユーカリが伸長時に発揮する力の測定と建築構造への利用法の提案に関する基礎的研究. 構造I. 2020. 2020. 689-692
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2019/04 - 現在 東京大学 助教
委員歴 (1件):
  • 2019/04 - 現在 日本建築学会 文献抄録小委員会委員
所属学会 (3件):
日本応用数理学会 ,  International Association for Shell and Spatial Structures ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る