研究者
J-GLOBAL ID:202001005373163277   更新日: 2021年09月06日

大泉 祐介

オオイズミ ユウスケ | Oizumi Yusuke
所属機関・部署:
職名: 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/yusuke0123/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0
研究分野 (6件): 遺伝学 ,  細胞生物学 ,  生命、健康、医療情報学 ,  進化生物学 ,  ゲノム生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (9件): 染色体高次構造 ,  染色体末端 ,  テロメア ,  分子生物学 ,  バイオインフォマティクス ,  リピート配列 ,  サブテロメア ,  大型類人猿 ,  染色体
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 染色体末端構造から紐解くヒトと大型類人猿の相違性の解明
論文 (2件):
  • Yusuke Oizumi, Takuto Kaji, Sanki Tashiro, Yumiko Takeshita, Yuko Date, Junko Kanoh. Complete sequences of Schizosaccharomyces pombe subtelomeres reveal multiple patterns of genome variation. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • Yusuke Oizumi, Akihiko Koga, Junko Kanoh. Alpha satellite DNA-repeat OwlAlp1 forms centromeres in Azara's owl monkey. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2019. 24. 7. 511-517
MISC (1件):
  • 今野 駿介, 磯山 怜佑, 大泉 祐介, 古屋 敦大. タマネギの体細胞分裂にリズムはあるか : 細胞と遺伝子からのアプローチ. 化学と生物. 2013. 51. 8. 583-585
講演・口頭発表等 (6件):
  • 大型類人猿の特殊な染色体末端構造と機能
    (第37回染色体ワークショップ・第18回核ダイナミクス研究会 2019)
  • 大型類人猿の特殊な染色体末端の構造と機能
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • Elucidation of structures and functions of chromosome end in great apes
    (蛋白研リトリート 2019)
  • 大型類人猿の特殊な染色体末端構造
    (第1回ヤポネシアゲノムくにうみミーティング 2019)
  • 大型類人猿の特殊な染色体末端構造
    (第36回染色体ワークショップ・第17回核ダイナミクス研究会 2019)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2021 - 現在 東京大学 広域科学専攻生命環境科学系
  • 2020 - 2021 大阪大学 生物科学専攻
  • 2020 - 2021 東京大学 広域科学専攻生命環境科学系
  • 2018 - 2020 大阪大学 生物科学専攻
  • 2014 - 2018 大阪大学 生物科学科
全件表示
学位 (2件):
  • 修士 (大阪大学)
  • 学士 (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 2023/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員 DC1
  • 2015/07 - 2018/03 大阪大学 生命機能研究科 倉橋研究室 技術補佐員
受賞 (4件):
  • 2018/03 - 大阪大学理学部 オナープログラム 優秀修了
  • 2018/02 - 大阪大学理学部生物科学科 卒業研究発表会 最優秀発表賞 ヒトと大型類人猿の比較による染色体末端サブテロメアの機能解析
  • 2013/12 - JSEC 特別奨励賞・花王特別奨励賞 タマネギの体細胞分裂にリズムはあるか〜細胞と遺伝子からのアプローチ〜
  • 2013/03 - ジュニア農芸化学会 銀賞 タマネギの体細胞分裂にリズムはあるか ~細胞と遺伝子からのアプローチ~
所属学会 (1件):
日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る