研究者
J-GLOBAL ID:202001005409435465   更新日: 2022年07月04日

三浦 生子

ミウラ ショウコ | MIURA SHOKO
所属機関・部署:
職名: 助教
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2024 産科疾患における妊娠産物由来間葉系幹細胞・エクソソームの臨床的意義に関する研究
論文 (175件):
  • KAZUAKI OHASHI, TAO-SHENG LI, SHOKO MIURA, YURI HASEGAWA, KIYONORI MIURA. Biological Differences Between Ovarian Cancer-associated Fibroblasts and Contralateral Normal Ovary-derived Mesenchymal Stem Cells. Anticancer Research. 2022. 42. 4. 1729-1737
  • 宮下 紀子, 北島 百合子, 梶村 慈, 福島 愛, 松本 加奈子, 三浦 生子, 北島 道夫, 三浦 清徳. 大学入学者を対象とした月経に関するアンケート調査. 日本女性医学学会雑誌. 2021. 29. 1. 138-138
  • 梶村 慈, 久本 菜美, 宮下 紀子, 福島 愛, 松本 加奈子, 北島 百合子, 三浦 生子, 北島 道夫, 三浦 清徳. 当科における月経困難症に対するLEP製剤連続投与の検討. 日本女性医学学会雑誌. 2021. 29. 1. 142-142
  • 佐藤 千明, 梶村 慈, 久本 菜美, 宮下 紀子, 福島 愛, 松本 加奈子, 北島 百合子, 三浦 生子, 北島 道夫, 三浦 清徳. ホルモン療法で長期管理した月経随伴性気胸の7例. 日本女性医学学会雑誌. 2021. 29. 1. 154-154
  • 久本 菜美, 北島 百合子, 宮下 紀子, 梶村 慈, 重富 典子, 松本 加奈子, 三浦 生子, 北島 道夫, 三浦 清徳. 骨粗鬆症を伴う体重減少性無月経で生児を得ることができた1例. 日本女性医学学会雑誌. 2021. 29. 1. 185-185
もっと見る
MISC (13件):
  • 高尾 真未, 長谷川 ゆり, 三浦 生子, 宮田 海香子, 松本 正, 吉浦 孝一郎, 三浦 清徳. IRUDにおける遺伝カウンセリングの検討. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2019. 40. 2. 159-159
  • Hasegawa Yuri, Miura Kiyonori, Higashijima Ai, Murakami Yuko, Tsukamoto Ozora, Abe Shuhei, Fuchi Naoki, Miura Shoko, Kaneuchi Masanori, Yoshiura Koh-ichiro, et al. ISP-29-10 Circulating levels of C19MC-cluster microRNAs in pregnant women with abruptio placenta(Group 29 Placenta,International Session Poster) :. 日本産科婦人科學會雜誌. 2016. 68. 2. 564-564
  • Higashijima Ai, Miura Kiyonori, Murakami Yuko, Tsukamoto Ozora, Hasegawa Yuri, Abe Shuhei, Fuchi Naoki, Miura Shoko, Yoshida Atsushi, Kaneuchi Masanori, et al. ISP-20-8 Circulating levels of C19MC-cluster microRNAs in pregnant women with severe preeclampsia(Group 20 PIH,International Session Poster) :. 日本産科婦人科學會雜誌. 2016. 68. 2. 538-538
  • Yamada Miki, Miura Kiyonori, Higashijima Ai, Miura Shoko, Hasegawa Yuri, Yoshida Atsushi, Kaneuchi Masanori, Yoshiura Koh-ichiro, Masuzaki Hideaki. IS-MW-3-5 Expression levels of C19MC-cluster microRNAs in complete hydatidiform mole and mature cystic ovarian teratoma(Group 3 Oncology 1,International Session Mini Workshop) :. 日本産科婦人科學會雜誌. 2016. 68. 2. 472-472
  • Hamaguchi Daisuke, Miura Kiyovori, Abe Shuhei, Miura Shoko, Yamasaki Kentaro, Yoshiura Koh-ichiro, Masuzaki Hideaki. ISP-5-7 Initial viral load in cases of single human papillomavirus 16 or 52 persistent infection is associated with progression of later cytopathological findings in the uterine cervix(Group 5 Cervical Cancer 4,International Session Poster) :. 日本産科婦人科學會雜誌. 2016. 68. 2. 491-491
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(医療科学専攻)
  • 1991 - 1997 長崎大学医学部
経歴 (25件):
  • 2019/04 - 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 産科婦人科 助教
  • 2018/05 - 2019/03 長崎大学病院産科婦人科 医員(パート)
  • 2015/11 - 2018/04 長崎大学病院産科婦人科 医員(パート)
  • 2017/04 - 三浦産婦人科医院(長崎大学 客員研究員) 医師
  • 2016/04 - 2017/03 三浦産婦人科医院(長崎大学 客員研究員) 医師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る