研究者
J-GLOBAL ID:202001005707549147   更新日: 2021年10月08日

羽田 裕貴

ハネダ ユウキ | Haneda Yuki
所属機関・部署:
職名: 産総研特別研究員
研究分野 (4件): 固体地球科学 ,  固体地球科学 ,  固体地球科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (6件): 有孔虫 ,  新生代 ,  年代層序学 ,  地質学 ,  古地磁気 ,  古海洋
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2021 約300万年前の温暖期における北西太平洋の古海洋・古気候変動
  • 2019 - 2019 2019年度海外発表促進助成
  • 2018 - 2019 千葉複合セクションにおける松山-ブルン地磁気極性反転イベントの完全復元
  • 2017 - 2018 現代間氷期アナログとしてのMIS 19の超高時間解像度古海洋復元
  • 2016 - 2017 房総半島中部に分布する海成鮮新統を用いた高精度複合年代層序
論文 (15件):
  • Yuki Haneda, Makoto Okada. A record of the lower Mammoth geomagnetic polarity reversal from a marine succession in the Boso Peninsula, central Japan. Geophysical Journal International. 2021. 228. 1. 461-476
  • Yusuke Suganuma, Makoto Okada, Martin J. Head, Koji Kameo, Yuki Haneda, Hiroki Hayashi, Toshiaki Irizuki, Takuya Itaki, Kentaro Izumi, Yoshimi Kubota, et al. Formal ratification of the Global Boundary Stratotype Section and Point (GSSP) for the Chibanian Stage and Middle Pleistocene Subseries of the Quaternary System: the Chiba Section, Japan. Episode. 2021
  • Kentaro Izumi, Yuki Haneda, Yusuke Suganuma, Makoto Okada, Yoshimi Kubota, Naohisa Nishida, Moto Kawamata, Takuya Matsuzaki. Multiproxy sedimentological and geochemical analyses across the Lower-Middle Pleistocene boundary: chemostratigraphy and paleoenvironment of the Chiba composite section, central Japan. Progress in Earth and Planetary Science. 2021. 8. 1
  • Balota, E.J, Head, M.J, Okada, M, Suganuma, Y, Haneda, Y. Paleoceanography and dinoflagellate cyst stratigraphy across the Lower-Middle Pleistocene Subseries (Calabrian-Chibanian Stage) boundary at the Chiba composite section, Japan. Progress in Earth and Planetary Science. 2020
  • Yoshimi Kubota, Yuki Haneda, Koji Kameo, Takuya Itaki, Hiroki Hayashi, Kizuku Shikoku, Kentaro Izumi, Martin J. Head, Yusuke Suganuma, Makoto Okada. Paleoceanography of the northwestern Pacific across the Early-Middle Pleistocene boundary (Marine Isotope Stages 20-18). Progress in Earth and Planetary Science. 2020
もっと見る
MISC (3件):
  • 羽田裕貴. チバニアンの地層から感じる地球の歴史. 月刊地図中心. 2021. 583. 4. 23-25
  • 羽田裕貴, 岡田 誠, 菅沼 悠介, 北村天宏. チバニアンの地層「千葉複合セクション」から 明らかになった最後の地磁気逆転の全体像. GSJ地質ニュース. 2021. 9. 11. 307-310
  • 羽田裕貴, 岡田誠. 房総半島中部に分布する海成鮮新統を用いた高精度複合年代層序. 平成28年度深田研究助成研究報告. 2017. 93-105
書籍 (1件):
  • 祝チバニアン誕生!-国際境界模式層と地磁気の逆転とは?-
    国立研究開発法人産業技術総合研究所 地質調査総合センター 2020
学歴 (1件):
  • 2016 - 2019 茨城大学 複雑系システム専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (茨城大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 地質調査総合センター 特別研究員
  • 2019/06 - 2020/03 国立極地研究所 地圏研究グループ 特任研究員
  • 2019/04 - 2019/05 茨城大学 理工学研究科 特別研究員
受賞 (7件):
  • 2021/09 - 日本地質学会 日本地質学会表彰 千葉セクションにおける日本初のGSSP認定
  • 2020/12 - 茨城県科学技術振興財団 つくば賞 我が国初の地質時代名称「チバニアン」承認の礎となった地磁気逆転および古海洋変動復元に関する研究
  • 2020/10 - 茨城大学 学長学術特別表彰
  • 2020/08 - 日本第四紀学会 日本第四紀学会功労賞
  • 2018/03 - 微古生物学リファレンスセンター 最優秀講演賞 千葉複合セクションにおけるMIS 19の超高時間解像度有孔虫同位体記録
全件表示
所属学会 (3件):
地球環境史学会 ,  日本地球科学連合 ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る