研究者
J-GLOBAL ID:202001005827974640   更新日: 2021年12月14日

神田 努

カンダ ツトム | Kanda Tsutomu
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (1件): 消化器病学
論文 (22件):
  • Hasegawa Takashi, Sugihara Takaaki, Hoshino Yoshiki, Tarumoto Ryohei, Matsuki Yukako, Kanda Tsutomu, Takata Tomoaki, Nagahara Takakazu, Matono Tomomitsu, Isomoto Hajime. Photosensitizer verteporfin inhibits the growth of YAP- and TAZ-dominant gastric cancer cells by suppressing the anti-apoptotic protein Survivin in a light-independent manner. Oncology letters. 2021. 22. 4. 703-703
  • Akira Yoshida, Tomoaki Takata, Tsutomu Kanda, Naoyuki Yamaguchi, Hitomi Minami, Kazuhiko Nakao, Shinichiro Kobayashi, Susumu Eguchi, Hajime Isomoto. Impact of endoscopic submucosal dissection and epithelial cell sheet engraftment on systemic cytokine dynamics in patients with oesophageal cancer. Scientific reports. 2021. 11. 1. 15282-15282
  • Akira Yoshida, Hiroki Kurumi, Yuichiro Ikebuchi, Koichiro Kawaguchi, Kazuo Yashima, Yu Kamitani, Sho Yasui, Yusuke Nakada, Tsutomu Kanda, Tomoaki Takata, et al. New Closure Method Using Loop and Open-Close Clips after Endoscopic Submucosal Dissection of Stomach and Colon Lesions. Journal of Clinical Medicine. 2021. 10. 15. 3260-3260
  • Tsutomu Kanda, Akira Yoshida, Kumi Ogihara, Hitomi Minami, Naoyuki Yamaguchi, Yuichiro Ikebuchi, Kazuhiko Nakao, Hajime Isomoto. Detection of cytokine storm in patients with achalasia using ELISA. Biomedical reports. 2021. 15. 1. 62-62
  • Tsutomu Kanda. Usefulness of step-by-step double-clip-with-line method in duodenal endoscopic submucosal dissection. Annals of gastroenterology. 2021
もっと見る
MISC (3件):
  • 山下太郎, 池淵雄一郎, 坂口啄紀, 神田努, 菓裕貴, 河口剛一郎, 八島一夫, 荻原久美, 松島加代子, 中尾一彦, et al. 上部消化管レーザー内視鏡を用いた胃腫瘍に対する光線力学的診断(PDD). 日本消化管学会雑誌. 2020. 4. Supplement
  • 山下太郎, 池淵雄一郎, 神田努, 菓裕貴, 河口剛一郎, 八島一夫, 萩原久美, 松島加代子, 中尾一彦, 磯本一. 上部消化管レーザー内視鏡を用いた胃腫瘍に対する光線力学的診断(PDD)と,PDDの蛍光強度に影響を与える因子の基礎的検討. 日本レーザー医学会誌. 2019. 40. 3
  • Hiroko Takaki, Yuko Akazawa, Hisamitsu Miyaaki, Satoshi Miuma, Naota Taura, Hidetaka Shibata, Takuya Honda, Tsutomu Kanda, Yoko Kido, Kazuhiko Nakao. HCV infection increases JNK phosphorylation and accentuates hepatocyte lipoapoptosis. HEPATOLOGY. 2014. 60. 738A-738A
講演・口頭発表等 (15件):
  • 食道がん細胞株におけるVerteporfin-PDT抵抗性メカニズムの解明
    (LASER WEEK IN KOCHI 2020)
  • ヒト胃癌細胞株を用いた光線力学的治療の効果に影響する受容体のin vitro解析
    (第16回 日本消化管学会総会学術集会 2020)
  • 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学的療法において重要な役割を果たす因子の解析
    (第6回先端PDDTフォーラム 2019)
  • 膵がん細胞株のペプチドトランスポーター-1の発現量は、5-アミノレブリン酸-光線力学的診断における蛍光強度に関連する
    (第40回日本レーザー医学会総会 2019)
  • 液晶チューナブルフィルタシステムを用いた蛍光強度解析による5-アミノレブリン酸-光線力学的診断法の開発
    (第40回日本レーザー医学会総会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2020 鳥取大学 医学専攻博士課程
  • 1993 - 1995 岡山大学 生物応用工学専攻修士課程
  • 1989 - 1993 岡山大学
経歴 (1件):
  • 2019/10 - 現在 鳥取大学医学部 消化器・腎臓内科学分野 助教
受賞 (2件):
  • 2020/10 - 日本レーザー医学会 日本レーザー医学会総会 会長賞 食道がん細胞株におけるVerteporfin-PDT抵抗性メカニズムの解明
  • 2018 - 鳥取大学 鳥取大学大学院エンカレッジファンド
所属学会 (2件):
日本レーザー医学会 ,  日本肝臓学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る