研究者
J-GLOBAL ID:202001005927653832   更新日: 2021年06月15日

野口 隼矢

ノグチ シュンヤ | Noguchi Syunya
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (6件): 消化器外科学 ,  形態、構造 ,  分子生物学 ,  獣医学 ,  産婦人科学 ,  解剖学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2022 肝再生調節機構におけるTEM8の役割解明と新規治療法開発への応用
  • 2021 - 2022 従来にない栄養膜細胞由来「ナノ粒子exomere」による妊娠高血圧腎症の発症予知
論文 (5件):
  • Hiroyuki Tani, Ryo Miyamoto, Syunya Noguchi, Sena Kurita, Tomokazu Nagashima, Masaki Michishita, Naoko Yayoshi, Kyoichi Tamura, Makoto Bonkobara. A canine case of malignant melanoma carrying a KIT c.1725_1733del mutation treated with toceranib: a case report and in vitro analysis. BMC veterinary research. 2021. 17. 1. 147-147
  • Hirotada Otsuka, Yasuo Endo, Hiroshi Ohtsu, Satoshi Inoue, Syunya Noguchi, Masanori Nakamura, Satoshi Soeta. Histidine decarboxylase deficiency inhibits NBP-induced extramedullary hematopoiesis by modifying bone marrow and spleen microenvironments. International journal of hematology. 2021
  • Miki Koh, Syunya Noguchi, Mami Araki, Hirotada Otsuka, Makoto Yokosuka, Satoshi Soeta. Expressions of vascular endothelial growth factor receptors, Flk1 and Flt1, in rat skin mast cells during development. The Journal of veterinary medical science. 2020. 82. 6. 745-753
  • Syunya Noguchi, Yoshiaki Kubo, Mami Araki, Miki Koh, Yuji Hamamoto, Kyoichi Tamura, Hirotada Otsuka, Akiko Yasuda, Daigo Azakami, Masaki Michishita, et al. Big Insulin-like Growth Factor 2-Producing Tumor in a Hypoglycemic Dog. Veterinary pathology. 2020. 57. 3. 432-436
  • S Noguchi, M Araki, K Nakajima, M Koh, Y Kokado, Y Kubo, H Otsuka, A Yasuda, M Yokosuka, S Soeta. Expression of Tumour Endothelial Marker 8 in Canine Mammary Gland Tumour Cells. Journal of comparative pathology. 2019. 173. 30-40
MISC (2件):
  • 野口 隼矢, 椎名 剛, 西森 照平, 泉對 直子, 成田 博繁, 大越 みちる, 近藤 竜太, 佐藤 貴紀. 子宮腺癌と乳腺癌の併発を認めた猫の1例. CLINIC NOTE. 2015. 11. 5. 96-102
  • 佐藤 貴紀, 近藤 竜太, 椎名 剛, 泉對 直子, 西森 照平, 野口 隼矢, 成田 博繁, 大越 みちる. Feline Practice : Clinical Report 拘束型心筋症を疑う拡張不全猫に対し高用量のピモベンダンを投与した1例. Felis : journal of feline practice = フェーリス : 猫の臨床専門誌. 2014. 4. 1. 115-119
書籍 (1件):
  • 猫の急病対応マニュアル
    鉄人社 2014 ISBN:9784865370065
講演・口頭発表等 (8件):
  • マウス胎盤特異的 lncRNA 1600012P17Rik の組織化学解析
    (第126回日本解剖学会総会・全国学術集会、第98回日本生理学会大会合同大会 2021)
  • 合胞体化に伴う栄養膜細胞株BeWoにおけるDROSHAの発現解析
    (第126回日本解剖学会総会・全国学術集会、第98回日本生理学会大会合同大会 2021)
  • イヌの乳腺腫瘍におけるTEM8の発現と腫瘍細胞の分化との関連性
    (第126回日本解剖学会総会・全国学術集会、第98回日本生理学会大会合同大会 2021)
  • Big-IGF-2 producing-adenocarcinoma in a dog showing hypoglycemia
    (18th Biennial Congress of The International Society for Animal Clinical Pathology 2018)
  • イヌ乳腺腫瘍におけるTumor Endthelial Marker 8(TEM8)の発現に関する研究
    (第123回日本解剖学会総会・全国学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2016 - 2020 日本獣医生命科学大学大学院獣医生命科学研究科
  • 2007 - 2013 日本獣医生命科学大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 日本医科大学 大学院医学研究科 分子解剖学 助教
  • 2016/04 - 2018/03 日本獣医生命科学大学付属動物医療センター 後期研修医
  • 2015/04 - 2016/03 日本獣医生命科学大学付属動物医療センター 前期研修医
所属学会 (3件):
日本生殖免疫学会 ,  日本胎盤学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る