研究者
J-GLOBAL ID:202001006559687736   更新日: 2020年12月17日

クマール ヴィマル

クマール ヴィマル | Kumar Vimal
所属機関・部署:
職名: Post Doctoral Researcher
ホームページURL (1件): http://ris.toyo.ac.jp/profile/en.1f666baa63bfb2e99874cb7908b2b885.html
研究分野 (1件): 材料加工、組織制御
研究キーワード (1件): ナノマテリアル、電気化学、薄膜、化学蒸着, 生体材料
論文 (2件):
  • Vimal Kumar, M. Sheikh Mohamed, Srivani Veeranarayanan, Toru Maekawa, D. Sakthi Kumar. Functionalized Carbon Nanowalls as Pro-Angiogenic Scaffolds for Endothelial Cell Activation. ACS Applied Bio Materials. 2019. 2. 3. 1119-1130
  • Vivekanandan Palaninathan, Vimal Kumar, Toru Maekawa, Dorian Liepmann, Ramasamy Paulmurugan, Jairam R. Eswara, Pulickel M. Ajayan, Shine Augustine, Bansi D. Malhotra, Sowmya Viswanathan, et al. Multi-organ on a chip for personalized precision medicine. MRS Communications. 2018. 8. 3. 652-667
講演・口頭発表等 (2件):
  • 細胞足場用途向けの機能化カーボンナノウォール基板
    (二次元材料の化学:グラフェンを超えてファラデーディスカッション、英国王立化学会)
  • 将来の細胞接着および増殖基質としてのCNW
    (ナノ/分子医学および工学に関する第12回IEEE国際会議、ハワイ、米国 2018)
学歴 (2件):
  • National Institute of Technology, Tiruchirappalli Bachelor of Technology
  • 東洋大学
学位 (2件):
  • PhD (Toyo University)
  • Master (Toyo University)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 東洋大学 バイオナノエレクトロニクス研究センター
  • 2016/03 - 2019/04 東洋大学 学際・融合科学研究科バイオ・ナノサイエンス融合専攻 バイオ・ナノサイエンス融合研究
  • 2014/04 - 2016/03 東洋大学 学際・融合科学研究科バイオ・ナノサイエンス融合専攻 博士前期課程 バイオ・ナノサイエンス融合専攻
  • 2008/05 - 2012/05 国立工科大学ティルチラーパッリ 機械工学科
受賞 (2件):
  • 2016/05 - 文部科学省 スーパーグローバル大学-門吹学所奨学金
  • 2014/05 - 文部科学省 スーパーグローバル大学門吹学所奨学金
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る