研究者
J-GLOBAL ID:202001006600445361   更新日: 2022年07月15日

福地 健祐

フクチ ケンスケ | Fukuchi Kensuke
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 皮膚科学
論文 (13件):
  • 福地 健祐, 丸山 千明, 糟谷 啓, 藤山 俊晴, 島内 隆寿, 伊藤 泰介, 本田 哲也. Sweet症候群の経過中に多形紅斑型薬疹を続発し診断と治療に苦慮した1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2022. 132. 4. 657-663
  • Shinsuke Nakazawa, Pawit Phadungsakswasdi, Hazuki Kageyama, Kensuke Fukuchi, Takatoshi Shimauchi, Toshiharu Fujiyama, Taisuke Ito, Tetsuya Honda. Decreased serum level of suprabasin in patients with nickel allergy. The Journal of dermatology. 2022
  • Yasuaki Ogura, Kensuke Fukuchi, Hiroki Morimoto, Tsurumi Yuki, Masaki Otsuka, Takatoshi Shimauchi, Tetsuya Honda, Yoshiki Tokura. Elevation of circulating neutrophil extracellular traps, interleukin (IL)-8, IL-22, and vascular endothelial growth factor in patients with venomous snake mamushi (Gloydius blomhoffii) bites. The Journal of dermatology. 2021
  • Akira Kasuya, Masahiro Aoshima, Kensuke Fukuchi, Takatoshi Shimauchi, Toshiharu Fujiyama, Yoshiki Tokura. An intuitive explanation of dermoscopic structures by digitally reconstructed pathological horizontal top-down view images. Scientific reports. 2019. 9. 1. 19875-19875
  • Kensuke Fukuchi, Kazuki Tatsuno, Kimiyoshi Sakaguchi, Shinichiro Sano, Takashi Sasaki, Satomi Aoki, Akiharu Kubo, Yoshiki Tokura. Novel gene mutations in Chédiak-Higashi syndrome with hyperpigmentation. The Journal of dermatology. 2019. 46. 11. e416-e418
もっと見る
MISC (6件):
  • 富田 和貴, 森本 広樹, 田嶋 瑞帆, 福地 健祐, 橋本 奈々子, 池谷 茂樹. Panton-Valentine leukocidin産生MRSAによる上背部膿瘍の1例. 臨床皮膚科. 2020. 74. 9. 698-702
  • 森本 広樹, 福地 健祐. 【戸倉新樹セレクション-トクラテスの教え】(Part3.)今日的疾患の原因・機序(case16) 顕微鏡的多発血管炎 指尖部潰瘍を伴った例. Visual Dermatology. 2020. 19. 3. 287-289
  • 佐野 友佑, 古川 瀬里, 橋爪 秀夫, 福地 健祐. グセルクマブ投与で改善した掌蹠膿疱症性骨関節炎の1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 1. 45-45
  • 福地 健祐, 青島 正浩, 龍野 一樹, 戸倉 新樹. スプロフェンによる光接触皮膚炎の1例 ケトプロフェンとの光交差反応性. 臨床皮膚科. 2016. 70. 4. 284-288
  • 山口 隼人, 青島 正浩, 福地 健祐, 星野 友美, 戸倉 新樹. 【水疱症・膿疱症】汗疱状類天疱瘡の1例. 皮膚科の臨床. 2016. 58. 1. 24-25
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2015 - 2018 浜松医科大学 皮膚科学
  • 2004 - 2012 浜松医科大学 医学科
所属学会 (4件):
日本皮膚悪性腫瘍学会 ,  日本免疫学会 ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本皮膚科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る