研究者
J-GLOBAL ID:202001007151194053   更新日: 2020年11月25日

渡邊 光康

ワタナベ ミツヤス | Watanabe Mitsuyasu
所属機関・部署:
職名: 客員教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東京大学  大学院医学系研究科   非常勤講師
研究分野 (3件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (3件): ヘルスケアIT ,  地域医療 ,  医療経営
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2005 - 2006 モンテカルロ・シミュレーションを用いた有害物質曝露の安全評価
  • 2003 - 2004 アメリカにおける職域の呼吸器障害に関する作業因子の寄与と予防対策に関する調査
  • 1999 - 2001 細胞磁界測定による石綿代替品の細胞障害性評価
  • 1999 - 2000 化学物質過敏症の認定法等に関する諸外国の研究
  • 化学物質過敏症と他の類似疾患との関連について
論文 (25件):
  • Y. Nakatani, T. Satoh, S. Saito, M. Watanabe, N. Yoshiike, S. Kumagai, Y. Sugita-Konishi. Simulation of deoxynivalenol intake from wheat consumption in Japan using the Monte Carlo method. Food Additives & Contaminants: Part A. 2011. 28. 4. 471-476
  • Yasushi KUDO, Toshihiko SATOH, Shigeri KIDO, Mio ISHIBASHI, Eriko MIYAJIMA, Mitsuyasu WATANABE, Takeo MIKI, Masashi TSUNODA, Yoshiharu AIZAWA. The Degree of Workers' Use of Annual Health Checkup Results among Japanese Workers. Industrial Health. 2008. 46. 3. 223-232
  • Yasushi KUDO, Toshihiko SATOH, Shigeri KIDO, Mitsuyasu WATANABE, Takeo MIKI, Eriko MIYAJIMA, Yoichi SAEGUSA, Masashi TSUNODA, Yoshiharu AIZAWA. A Pilot Study Testing the Dimensions of Safety Climate among Japanese Nurses. Industrial Health. 2008. 46. 2. 158-165
  • 渡邊光康, 坂本尚登, 守屋達美, 中嶋弘美, 鈴木美枝子, 高杉能婦子, 和田耕治, 村田晃一郎, 渋谷明隆, 相澤好治, et al. 大学病院糖尿病専門外来における診療支援導入による医師の業務改善調査-医師業務の分担化によるシミュレーション調査について-. 北里医学. 2008. 38. 1. 15-24
  • Otori K, Ishida Y, Wada K, Watanabe M, Kondo R, Shibuya A, Yago. A case control study of drug use associated with falls among hospitalized patients in a university hospital in Japan. The Kitasato medical journal. 2008. 38. 2. 161-166
もっと見る
MISC (7件):
  • Wada K, Yoshino Y, Kudo Y, Watanabe M, Hosokawa M, Tsunoda M, Satoh T, Aizawa Y. The current situation and further measures for controlling chrysotile usage and asbestos-related diseases in Thailand. The Kitasato Medical Journal. 2007. 37. 2. 59-64
  • Watanabe M, Tonori H, Aizawa Y. Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (Part Two). Environmental Health and Preventive Medicine. 2003. 7. 273-82
  • Watanabe M, Tonori H, Aizawa Y. Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (Part One). Environmental Health and Preventive Medicine. 2003. 7. 264-272
  • 渡邊光康, 田口明子, 相澤好治. 人工鉱物繊維(MMMF)の使用とその有害性について. 産業医学ジャーナル. 2000. 23. 74-77
  • 渡邊光康, 松原 了, 相澤好治. 重金属中毒の治療の実際. 臨床と研究. 1999. 76. 1060-64
もっと見る
書籍 (9件):
  • 医療マネジメントのエッセンス : 臨床・研究に続く医師の第3のキャリア
    ヘルスサービスR&Dセンター 2007 ISBN:9784990348106
  • 平成17年度~平成18年度 科学研究費補助金 若手研究(B)研究結果報告書 モンテカルロ・シミュレーションを用いた有害物質曝露の安全評価
    2007
  • 医療機関での産業保健の手引き
    篠原出版新社 2006 ISBN:4884122763
  • 平成14年度~平成17年度 科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書 磁界測定を用いた細胞・器官レベルでの化学物質有害性評価法の開発
    2006
  • 平成15年度厚生労働省補助金事業労働安全衛生総合研究推進事業
    2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 磁界測定法を用いた繊維状及び粒子状二酸化チタンの細胞傷害性評価
    (第74回日本産業衛生学会 2001)
  • MCF-7増殖試験法
    (第6回環境ホルモン学会講演会-内分泌撹乱化学物質の評価・試験法- 2000)
  • 磁界測定法を用いたチタン酸カリウムウィスカの肺胞マクロファージ毒性評価
    (第70回日本衛生学会総会 2000)
  • 磁界測定を用いたシリコン・カーバイド・ウィスカの細胞毒性の評価
    (第47回日本災害医学会学術大会 1999)
  • The evaluation for the toxicity of silicon carbide whisker to alveolar macrophage
    (International Symposium on Electron Microscopy in Medicine and Biology 1999)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2004 - 2007 マサチューセッツ大学アマースト校 経営学専攻
  • 2002 - 2003 ハーバード大学 環境衛生専攻(修士課程)
  • 1996 - 2000 北里大学 公衆衛生専攻(博士課程)
  • 1990 - 1996 北里大学
学位 (3件):
  • 博士(医学) (北里大学)
  • 修士(公衆衛生:MPH) (ハーバード大学)
  • 修士(経営学:MBA) (マサチューセッツ大学)
所属学会 (4件):
日本在宅医療連合学会 ,  日本感染症学会 ,  日本透析医学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る