研究者
J-GLOBAL ID:202001007304407574   更新日: 2021年10月09日

濱野 裕章

ハマノ ヒロフミ | Hamano Hirofumi
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2024 データマイニングと疾患モデルによる感染症と大動脈疾患の包括的な連関解明
  • 2020 - 2023 シナジー効果の評価系構築と薬理的検証
  • 2020 - 2022 新規細胞死経路に着目した抗がん剤誘発性腎障害に対する治療戦略の開発
  • 2019 - 2019 抗癌剤による心血管臓器合併症を予防できる既存医薬品の探索・開発研究
  • 2015 - 2018 サルコペニアにおける鉄の意義解明と鉄制御に基づく治療法への展開
全件表示
論文 (27件):
  • Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Licht Miyamoto, Tasuku Hirayama, Hideko Nagasawa, Toshiaki Tamaki, Koichiro Tsuchiya. Role of ferroptosis in cisplatin-induced acute nephrotoxicity in mice. Journal of trace elements in medicine and biology : organ of the Society for Minerals and Trace Elements (GMS). 2021. 67. 126798-126798
  • Hirofumi Hamano, Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda. Diphenhydramine for the prevention of cisplatin-associated acute kidney injury Reply. KIDNEY INTERNATIONAL. 2021. 99. 4. 1026-1026
  • Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Mitsuhiro Goda, Keijo Fukushima, Seiji Kishi, Masayuki Chuma, Michiko Yamashita, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, et al. Diphenhydramine may be a preventive medicine against cisplatin-induced kidney toxicity. Kidney international. 2021. 99. 4. 885-899
  • Hideki Nawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa. Evaluation of Potential Complications of Interstitial Lung Disease Associated With Antiandrogens Using Data From Databases Reporting Spontaneous Adverse Effects. Frontiers in pharmacology. 2021. 12. 655605-655605
  • Naoto Okada, Noriko Fujiwara, Momoyo Azuma, Kaito Tsujinaka, Masayuki Chuma, Kenta Yagi, Hirofumi Hamano, Fuka Aizawa, Mitsuhiro Goda, Yasushi Kirino, et al. Assessment of Adherence to Post-exposure Prophylaxis with Oseltamivir in Healthcare Workers: A Retrospective Questionnaire-Based Study. Biological & pharmaceutical bulletin. 2021. 44. 6. 869-874
もっと見る
MISC (63件):
  • 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 濱野 裕章, 八木 健太, 相澤 風花, 小林 大介, 島添 隆雄, 石澤 有紀, et al. 医療ビッグデータを活用したドラッグリポジショニングによるオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬開発. 臨床薬理の進歩. 2021. 42. 72-84
  • 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎. シスプラチン腎障害における鉄依存性嚢胞死の役割. 日本腎臓学会誌. 2021. 63. 4. 446-446
  • 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 濱野 裕章, 八木 健太, 相澤 風花, 小林 大介, 島添 隆雄, 石澤 有紀, et al. 医療ビッグデータを活用したドラッグリポジショニングによるオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬開発. 臨床薬理の進歩. 2021. 42. 72-84
  • 石澤 有紀, 合田 光寛, 相澤 風花, 座間味 義人, 濱野 裕章, 八木 健太, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃. 薬剤誘発性大動脈解離易発症モデルマウスを用いた薬効評価. 四国医学雑誌. 2021. 77. 1-2. 57-62
  • 相澤 風花, 座間味 義人, 濱野 裕章, 石澤 啓介, 梶本 春奈, 森山 大嗣, 新村 貴博, 合田 光寛, 八木 健太, 石澤 有紀. オキサリプラチン誘発末梢神経障害に対するHMG-CoA還元酵素阻害剤の影響. 四国医学雑誌. 2021. 77. 1-2. 109-109
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2021/01 - 現在 徳島大学大学院医歯薬学研究部 臨床薬理学分野 特任助教
  • 2013/04 - 2020/12 徳島大学病院 薬剤部 薬剤師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る