研究者
J-GLOBAL ID:202001007376175309   更新日: 2021年10月22日

橋爪 裕宜

ハシヅメ ヒロキ | Hashizume Hiroki
所属機関・部署:
職名: 博士課程
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Hiroki_Hashizume
研究分野 (4件): 寄生虫学 ,  生態学、環境学 ,  生態学、環境学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (9件): 病原真菌 ,  次世代シークエンサー ,  3Dモデリング ,  3Dプリンター ,  衛生動物学 ,  環境DNA ,  寄生虫学 ,  分子生態学 ,  感染症生態学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2022 蚊媒介寄生虫症の新規モニタリング手法開発:鳥マラリアの環境分布調査
  • 2021 - 2022 長崎県おけるマダニ類の生物系統地理学的研究
論文 (2件):
  • Hiroki Hashizume, Megumi Sato, Marcello Otake Sato, Sumire Ikeda, Tippayarat Yoonuan, Surapol Sanguankiat, Tiengkham Pongvongsa, Kazuhiko Moji, Toshifumi Minamoto. Application of environmental DNA analysis for the detection of Opisthorchis viverrini DNA in water samples. Acta Tropica. 2017. 169. 1-7
  • Satoshi Yamamoto, Kenji Minami, Keiichi Fukaya, Kohji Takahashi, Hideki Sawada, Hiroaki Murakami, Satsuki Tsuji, Hiroki Hashizume, Shou Kubonaga, Tomoya Horiuchi, et al. Environmental DNA as a ‘Snapshot’ of Fish Distribution: A Case Study of Japanese Jack Mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan. PLOS ONE. 2016. 11. 3. e0149786-e0149786
特許 (1件):
  • 試料採取用濾過装置
講演・口頭発表等 (6件):
  • ヤブカ属のより簡易な野外遺伝子モニタリング手法開発の進捗:3Dプリンターと環境DNA技術の応用
    (第73回衛生動物学会大会 2021)
  • Developing a less time-consuming and cost-e!ective monitoring approach using 3D-printing and environmental DNA techniques
    (ASTMH Annual Meeting 2020 2020)
  • 3Dプリンターを活用した熱帯・農村地域向け環境DNAサンプルろ過手法の開発
    (環境DNA学会2020 2020)
  • 蚊の新規野外調査ツールの開発:3Dプリンターを用いた環境DNA手法のための濾過機設計
    (第72回日本衛生動物学会 2020)
  • 環境DNA手法を用いたタイ肝吸虫Opisthorchis viverriniの環境水中からの検出
    (第85回日本寄生虫学会大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2014 - 2016 神戸大学 人間環境学専攻
  • 2010 - 2014 神戸大学 人間環境学科
経歴 (1件):
  • 2020/03 - 2020/04 世界保健機関西太平洋地域事務局 インターン
受賞 (1件):
  • 2021/04 - 日本衛生動物学会 大滝哲也奨学金 ヤブカ属のより簡易な野外遺伝子モニタリング手法開発の進捗:3Dプリンターと環境DNA技術の応用
所属学会 (4件):
衛生動物学会 ,  環境DNA学会 ,  日本寄生虫学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る