研究者
J-GLOBAL ID:202001007666643551   更新日: 2021年04月13日

奧村 安寿子

オクムラ ヤスコ | Okumura Yasuko
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2023 文化言語の多様な子どもの発達障害症状の実態把握と認知特性に基づく支援法の確立
  • 2019 - 2022 未就学児における文字認識の解明と読み困難に対する早期支援システムの社会実装
  • 2018 - 2022 音韻意識検査に基づく英語読み書き困難リスク児の検出および介入法開発
  • 2017 - 2022 限局性学習症(発達性ディスレクシア)の発達軌跡の解明
  • 2015 - 2019 未就学児の潜在的文字学習評価に基づく発達性ディスレクシアの早期発見と介入法の確立
全件表示
論文 (23件):
  • Yoshimi Kaga, Riyo Ueda, Miho Tanaka, Yosuke Kita, Kota Suzuki, Yasuko Okumura, Yuka Egashira, Yuka Shirakawa, Shota Mitsuhashi, Yuzuki Kitamura, et al. Executive dysfunction in medication-naïve children with ADHD: A multi-modal fNIRS and EEG study. Brain & development. 2020. 42. 8. 555-563
  • Yuzuki Kitamura, Yosuke Kita, Yasuko Okumura, Yoshimi Kaga, Hideyuki Okuzumi, Yuji Ishikawa, Miho Nakamura, Masumi Inagaki. Discrepancy between musical ability and language skills in children with Williams syndrome. Brain & development. 2020. 42. 3. 248-255
  • 奥村 安寿子, 北 洋輔, 加賀 佳美. 日本語によるコミュニケーションが不十分な子どもの学習困難を評価する : スウェーデン語母語児に対する学習・知能検査の事例より. コミュニケーション障害学. 2019. 36. 3. 99-112
  • 北村 柚葵, 北 洋輔, 奥村 安寿子, 稲垣 真澄, 奥住 秀之, 石川 裕司. 小児期における音高弁別能力の発達的変化. 音楽知覚認知研究. 2019. 25. 1. 3-12
  • Yasuko Okumura, Yosuke Kita, Mikimasa Omori, Kota Suzuki, Akira Yasumura, Ayako Fukuda, Masumi Inagaki. Predictive factors of success in neurofeedback training for children with ADHD. Developmental neurorehabilitation. 2019. 22. 1. 3-12
もっと見る
MISC (12件):
  • 奧村安寿子, 奧村安寿子, 北洋輔, 高橋悦子. 多言語環境にある子どもの知的発達水準と学習到達度の関連 日本語を学習言語とするスペイン語-日本語環境児の一群の実態調査. 日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM). 2019. 30th
  • 北 洋輔, 鈴木 浩太, 平田 正吾, 奥村 安寿子, 崎原 ことえ, 安永 正則, 中井 昭夫, 奥住 秀之, 稲垣 真澄. 子どもの運動の不器用さがメンタルヘルスに与える影響の解明 : メンタルヘルスの悪化予防に向けて. 若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書 = Research-aid report. 2017. 32. 23-28
  • 鈴木 浩太, 北 洋輔, 大井 雄平, 奥村 安寿子, 奥住 秀之, 稲垣 真澄. 視空間性ワーキングメモリー課題における背外測前頭前皮質の活動の発達的変化 : 近赤外分光法による検討. 認知神経科学. 2017. 19. 2. 92_2-92_2
  • 奥村 安寿子, 北 洋輔, 大森 幹真, 鈴木 浩太, 福田 亜矢子, 安村 明, 稲垣 真澄. ADHD児におけるニューロフィードバック療法の効果予測. 認知神経科学. 2016. 18. 2. 86_2-86_2
  • 大井 雄平, 北 洋輔, 鈴木 浩太, 奥村 安寿子, 奥住 秀之, 山下 裕史朗, 稲垣 真澄. ADHD児の空間性ワーキングメモリにかかわる脳血流動態の特徴. 認知神経科学. 2016. 18. 2. 93_2-93_2
もっと見る
書籍 (4件):
  • 注意の生涯発達心理学 : 研究テーマ別
    ナカニシヤ出版 2020 ISBN:9784779514524
  • 発達障害の心理学 : 特別支援教育を支えるエビデンス
    福村出版 2019 ISBN:9784571121395
  • 子ども・大人の発達障害診療ハンドブック : 年代別にみる症例と発達障害データ集
    中山書店 2018 ISBN:9784521745688
  • 生理心理学と精神生理学
    北大路書房 2017 ISBN:9784762829727
学歴 (2件):
  • 2009 - 2015 北海道大学
  • 2005 - 2009 北海道大学 教育学科
学位 (3件):
  • 学士(教育学) (北海道大学)
  • 修士(教育学) (北海道大学)
  • 博士(教育学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2018/05 - 2019/03 東京大学 高大接続研究開発センター 特任研究員
  • 2017/04 - 2018/03 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 知的・発達障害研究部 科研費研究員
  • 2014/04 - 2017/03 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 知的・発達障害研究部 流動研究員
  • 2011/04 - 2014/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC1
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る