研究者
J-GLOBAL ID:202001007714454405   更新日: 2023年07月22日

丸山 一芳

マルヤマ カズヨシ | Maruyama Kazuyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://kenkyu.tachibana-u.ac.jp/ktuhp/KgApp?kyoinId=ymdigkyoggy
研究分野 (1件): 経営学
研究キーワード (7件): オープンファクトリー ,  アントレプレナーシップ ,  伝統産業 ,  イノベーション ,  知識移転 ,  知識創造 ,  知識経営
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 伝統産地における地域イノベーションの知識経営研究
  • 2022 - 2023 京都の中小企業におけるコアバリュー可視化推進プロジェクト
論文 (13件):
  • 岡村 誠, 丸山 一芳, 西原 康行. 総合型クラブにおける理念浸透が経営に与える影響 : 北信越地域の総合型クラブの事例から. 事業創造大学院大学紀要. 2017. 8. 1. 45-59
  • 金子 秀光, 丸山 一芳. 着物産業における革新と多様性のマネジメント : 十日町市株式会社きものブレインの事例研究. 事業創造大学院大学紀要. 2017. 8. 1. 77-90
  • 丸山 一芳. 国際的企業家精神と地方創生-新潟地域の事例と人材育成-. 経営士学. 2017. 6. 1. 4-11
  • 丸山 一芳. 伝統産業におけるイノベーションを起こす企業家精神:日本酒における塩川酒造の事例研究. 関西ベンチャー学会誌. 2017. 9. 0. 26-34
  • 髙橋 孝輔, 丸山 一芳. アクション・リサーチによる新潟県におけるアメリカンフットボール普及の実践. 事業創造大学院大学紀要. 2016. 7. 1. 81-95
もっと見る
MISC (22件):
  • 丸山一芳. 中小企業のIoTによるDXとリスキリング ー木幡計器製作所の事例分析-. 日本企業経営学会, 第20回全国大会, アクトシティ浜松. 2022
  • 丸山一芳. 産地の活性化における中小企業と行政による知識創造 -八尾市の事例分析-. 日本地域政策学会, 第21回全国研究大会, 石巻専修大学(オンライン開催), 『大会論文集』. 2022. 66-67
  • 丸山一芳. イノベーション普及プロセスとオープンファクトリー-DESIGN WEEK KYOTO の事例分析-. 日本創造学会第43回研究大会, 久留米大学(オンライン開催), 『大会論文集』. 2021
  • 丸山一芳. 伝統産地の革新における外部人材と連続的知識創造-福井県におけるRENEWの事例分析-. 日本創造学会第42回研究大会, 産業能率大学, 『大会論文集』. 2020. 13-16
  • 丸山一芳. 日本酒の海外進出における知識移転とイノベーション-萬乗醸造によるフランス進出の事例分析-. 日本創造学会第41回研究大会, 北陸先端科学技術大学院大学, 『大会論文集』. 2019. 106-109
もっと見る
書籍 (3件):
  • 現代の企業経営
    2021
  • 地域産業のイノベーションと流通戦略 : 中小企業の経営革新と地域活性化
    千倉書房 2020 ISBN:9784805112199
  • 地域産業の経営革新 : 中小企業の活性化と地域創生
    税務経理協会 2018 ISBN:9784419065805
学位 (1件):
  • 博士(知識科学) (北陸先端科学技術大学院大学)
委員歴 (10件):
  • 2023 - 現在 経済産業省 近畿経済産業局 調査事業 次代の産業クラスター政策としての「Local X Lab.」事業の発掘、磨き上げ実証事業 委員(座長)
  • 2022 - 2023 経済産業省 近畿経済産業局 調査事業 地域一体型オープンファクトリー広報研究会 委員(座長)
  • 2021 - 2023 公益財団法人大学コンソーシアム京都 インターンシッププログラム ビジネスパブリックコースコーディネーター会議委員
  • 2021 - 2022 経済産業省 近畿経済産業局 調査事業 オープンファクトリー 持続可能な在り方研究会 委員(座長)
  • 2021 - 2022 経済産業省 近畿経済産業局 調査事業 オープンファクトリー研究会 委員(座長)
全件表示
受賞 (1件):
  • 2019/09 - 日本創造学会 第40回研究大会発表賞 オープンファクトリーによる中小企業ネットワークのイノベーション
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る