研究者
J-GLOBAL ID:202001007818563281   更新日: 2020年02月27日

中村 睦美

ナカムラ ムツミ | NAKAMURA MUTSUMI
所属機関・部署:
職名: 講師
研究キーワード (5件): 人工膝関節 ,  地域リハビリテーション ,  介護予防 ,  運動器理学療法 ,  理学療法学
論文 (6件):
  • 中村睦美,木㔟千代子,山形沙穂,長谷川恭一,佃麻人,浅川育世,水上昌文. 人工膝関節置換術患者における活動,参加に関与する諸要因の関係. 理学療法学. 2016. 43. 4. 283-292
  • 中村睦美,木㔟千代子,山形沙穂,森田真純,長谷川恭一,浅利洋平,佃麻人. 人工膝関節全置換術後患者に対する視覚的フィードバックを用いた協調性トレーニングによる姿勢制御能力の改善効果. 理学療法東京. 2016. 4. 55-61
  • 中村睦美,木㔟千代子,山形沙穂,森田真純,長谷川恭一,浅川育世,水上昌文. 人工膝関節置換術後の生活機能の変化-活動と参加に着目して-. 理学療法学. 2015. 42. 3. 246-254
  • 中村睦美,長谷川恭一,森田真純,木㔟千代子,山形沙穂,海老原洋一,浅川育世,水上昌文. 変形性膝関節症に対する「活動と参加の基準(暫定案)」を用いた評価における検者間信頼性の検討-新たに作成した補足指針を用いて-. 理学療法科学. 2013. 28. 4. 495-500
  • 中村睦美,水上昌文. 水中抵抗を用いた膝周囲筋トレーニングの筋電図学的特性. 理学療法科学. 2011. 26. 6. 725-730
もっと見る
MISC (2件):
  • 中村睦美. 臨床実習サブノート どうする? 情報収集・評価・プログラム立案 : 複雑な病態や社会的背景の症例 (5)女性の変形性膝関節症患者. 理学療法ジャーナル. 2018. 52. 8. 763-769
  • 中村睦美. 膝関節手術後患者の基本動作の評価からプログラムを立案する. 理学療法ジャーナル. 2012. 46. 8. 753-758
所属学会 (6件):
日本運動疫学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  日本人工関節学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本老年医学会 ,  日本理学療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る