研究者
J-GLOBAL ID:202001007841740360   更新日: 2021年09月15日

佐藤 昌之

サトウ マサユキ | SATO Masayuki
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2019 実システムへの適用に適したロバストゲインスケジューリング制御器設計法開発と実証
  • 2014 - 2019 耐故障飛行誘導制御に関する研究
  • 2011 - 2015 デジタル計算機を有効活用した離散時間システムに対する外乱抑制制御則開発
  • 2008 - 2010 実用的なロバストゲインスケジューリング制御器設計法の開発
論文 (109件):
  • Lejun Chen, Christopher Edwards, Halim Alwi, Masayuki Sato. Simultaneous Fault and Input Time Delay Estimation for an Actuator System: Theory and Flight Data Validation. IEEE Control Systems Letters. 2022. 6. 1172-1177
  • Masayuki Sato, Dimitri Peaucelle. Causal Gain-scheduled output feedback controllers using parameter-dependent Lyapunov Functions. Automatica. 2021. 129
  • Masayuki Sato. Passive fault-tolerant flight control design example for elevator efficiency reduction using structured HControl. 2021 29th Mediterranean Conference on Control and Automation, MED 2021. 2021. 627-632
  • Andrés Marcos, Sérgio Waitman, Masayuki Sato. Fault tolerant linear parameter varying flight control design, verification and validation. Journal of the Franklin Institute. 2021
  • L. Chen, H. Alwi, C. Edwards, M. Sato. Flight Evaluation of an LPV Sliding Mode Observer for Sensor FTC. IEEE Transactions on Control Systems Technology. 2021
もっと見る
MISC (53件):
  • 佐藤 昌之. 編集後記. 計測と制御. 2020. 59. 3. 230-230
  • 佐藤 昌之. 実社会への貢献を続けるロバスト制御. 計測と制御. 2020. 59. 3. 159-159
  • 佐藤 昌之. 不確かさを有するスケジューリングパラメータを用いたゲインスケジュールド飛行制御器の MuPAL-αに対する設計と性能検証. 日本航空宇宙学会論文集. 2020. 68. 1. 12-23
  • 高瀬 諒一, 鈴木 真二, 佐藤 昌之. 構造化H[∞]制御による航空機の耐故障PID飛行制御. 年会講演会講演集. 2019. 50. 5p
  • 大瀬戸 篤司, 佐藤 昌之, 河野 敬, 村岡 浩治, 穂積 弘毅, 島田 政信. 合成開口レーダーを搭載した二機の無人航空機による干渉計測実現のための協調飛行制御実験. システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集. 2018. 62. 7p
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る