研究者
J-GLOBAL ID:202001008270045879   更新日: 2021年06月11日

濱崎 佐和子

ハマサキ サワコ | Hamasaki Sawako
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 脳神経外科学 ,  生理学 ,  解剖学 ,  形態、構造
研究キーワード (8件): てんかん ,  アルブミン ,  ペプチドホルモン ,  循環器系 ,  中枢神経系 ,  形態学 ,  血液脳関門 ,  海馬
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 血中アルブミンの海馬への移行機序解明-内側側頭葉てんかん発作の予防に向けてー
  • 2020 - 2023 温浴が海馬の構造と機能に及ぼす効果の検討-温熱刺激をモデルとして-
  • 2018 - 2019 血液脳関門の透過性を生理的に亢進する外的刺激の探索とその調節機序の解明
論文 (7件):
  • Sawako Hamasaki, Takao Mukuda, Yuka Koyama, Hironobu Nakane, Toshiyuki Kaidoh. Constitutive accessibility of circulating proteins to hippocampal neurons in physiologically normal rats. Brain and behavior. 2020. 10. 3. e01544
  • Yuka Koyama, Takao Mukuda, Sawako Hamasaki, Hironobu Nakane, Toshiyuki Kaidoh. Short-term Heat Exposure Promotes Hippocampal Neurogenesis via Activation of Angiotensin II Type 1 Receptor in Adult Rats. Neuroscience. 2018. 385. 121-132
  • Sawako Hamasaki, Takao Mukuda, Toshiyuki Kaidoh, Masayuki Yoshida, Kazumasa Uematsu. Impact of dehydration on the forebrain preoptic recess walls in the mudskipper, Periophthalmus modestus: a possible locus for the center of thirst. Journal of comparative physiology. B, Biochemical, systemic, and environmental physiology. 2016. 186. 7. 891-905
  • Tomo Takiyama, Sawako Hamasaki, Masayuki Yoshida. Comparison of the Visual Capabilities of an Amphibious and an Aquatic Goby That Inhabit Tidal Mudflats. Brain, behavior and evolution. 2016. 87. 1. 39-50
  • Tomo Takiyama, Valdir Luna da Silva, Daniel Moura Silva, Sawako Hamasaki, Masayuki Yoshida. Visual Capability of the Weakly Electric Fish Apteronotus albifrons as Revealed by a Modified Retinal Flat-Mount Method. Brain, behavior and evolution. 2015. 86. 2. 122-30
もっと見る
MISC (1件):
  • Tsutomu Ooyama, Yuya Sakimoto, Masahiro Onizaki, Yuka Koyama, Sawako Hamasaki, Kanako Nozaki, Takao Mukuda, Shogo Sakata, Atsuhiko Ishida, Takeshi Yamazaki. Effect of housing conditions on neurotoxicity of trimethyltin in rat brain. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2010. 68. E258-E258
書籍 (1件):
  • 水族館発!みんなが知りたい釣り魚の生態 : 釣りのヒントは水族館にあった!?
    成山堂書店 2015 ISBN:9784425955510
講演・口頭発表等 (17件):
  • 血中アルブミン結合色素Evans blueを取り込むラット脳ニューロンについて
    (第126回日本解剖学会総会・全国大会/第98回日本生理学会大会合同大会 2021)
  • 非モデル魚類の多彩な研究フロンティア:形態・生理・行動「トビハゼは前脳で渇きを感じるのか?」
    (日本動物学会第91回大会2020 2020)
  • 種々の刺激が血中由来色素を取り込む海馬歯状回ニューロンの局在に及ぼす効果
    (第125回日本解剖学会総会・全国学術集会 2020)
  • 血中アンギオテンシンII濃度の上昇が海馬血液脳関門の透過性に与える効果
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • The effect of circulating angiotensin II on blood- brain barrier vascular permeability in the hippocampus of normotensive rats.
    (Society for Neuroscience 48th Annual Meeting 2018)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(医学) (鳥取大学)
  • 修士(学術) (広島大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 鳥取大学 医学部 解剖学講座 助教
  • 2015/05 - 2016/03 広島大学 大学院生物圏科学研究科 助教
  • 2014/04 - 2015/04 広島大学 大学院生物圏科学研究科 特任助教
  • 2013/04 - 2014/03 東京大学 大気海洋研究所 学術支援職員
受賞 (1件):
  • 2014/09 - 広島大学 平成26年度広島大学女性研究者奨励賞
所属学会 (3件):
日本解剖学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る