研究者
J-GLOBAL ID:202001008316819262   更新日: 2024年05月02日

ニッケル フランク

ニッケル フランク | Nickel Frank
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): その他 ,  外国語教育 ,  言語学
研究キーワード (3件): 教育学 ,  言語学 ,  教育心理学
論文 (18件):
  • ニッケル フランク. 書評:Bajohr, Hannes: 書かられる。デジタル領域における文学. Info DaF, De Gruyter. 2024. 2024. 51(2-3). 103-106
  • ニッケル フランク. 書評:Abendroth-Timmer, Dagmar; Viebrock, Britta (Coordinator): 多言語研究-研究における多言語。. Info DaF, De Gruyter. 2024. 2024. 51(2-3). 97-100
  • ニッケル フランク. ドイツ語学習者を対象とした新しい自己力感尺度の検証. 外国語学部外外国語文化. 2024. 15. 81-101
  • ニッケル、フランク. 日本でドイツ語の学生:どのようにモチベーションを高めているのか?彼らは自分の知性について何を信じているのか?. ドイツ語教育. 2024. 28. 76
  • ニッケル フランク. 書評:教師のための意味論. 2023. 50. 2-3. 176-180
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 自分とは何か。自分に対する態度が学習意欲にどう影響するか。
    (日本ドイツ文学会 2023)
  • 外国語としてのドイツ語教育における英語。可能な使用方法と制限。
    (jgg 春学会 2019)
  • 教室外での自律的な語彙学習(英語の後の外国語としてのドイツ語)。私たちは何を使ってどのように学習者をサポートできるのでしょうか?
    (jgg DaF-Seminar 2016)
  • 生徒たちは何を知っていて、私は何を推測できるのか?
    (jgg春学会 2015)
  • 独・英・日学習者用語彙集
    (DaF-Seminar Hayama 2015)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2023 - 2023 エセックス大学 心理学 心理学
  • 2013 - 2018 ドレスデン国立工科大学 ドイツ語学 外国語としてのドイツ語
  • 2007 - 2012 ウィーン国立大学 ドイツ語学部 外国語としてのドイツ語
  • 2009 - 2010 バーミンガム大学 ドイツ語学部 言語学
学位 (2件):
  • 博士 (ドレスデン工科大学)
  • 修士 (ウィーン大学)
経歴 (15件):
  • 2019/04 - 現在 帝京大学 外国語学部 講師
  • 2016/09 - 現在 早稲田大学 政治経済学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 現在 早稲田大学 国際教養学部 非常勤講師
  • 2022/04 - 2023/03 日本大学 商学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 2019/03 早稲田大学 法学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2022/03 - 現在 帝京大学 紀要委員
  • 2022/03 - 現在 帝京大学 広報委員
受賞 (1件):
  • 2014/09 - 独立行政法人日本学術振興会 博士後期課程在籍の学生に対するDC 一貫制博士課程
所属学会 (3件):
NPO 日本教育カウンセラー協会 ,  アメリカ心理学会 ,  日本ドイツ文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る