研究者
J-GLOBAL ID:202001008600167780   更新日: 2021年01月27日

佐々木 翔平

ササキ ショウヘイ | Sasaki Shohei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究キーワード (3件): 気泡塔 ,  混相流工学 ,  流体工学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2021 身のまわりの摩訶不思議アドベンチャー!!流体おもしろ 実験教室
論文 (8件):
  • 徳武皓也, 岡崎慎司, 佐々木翔平. 石油タンク底板内面に施工される重防食コーティングの深さ方向分析に基づいた等価回路モデル適用とその有効性. 材料と環境. 2020. 69. 3. 66-72
  • Sandra Orvalho, Masaaki Hashida, Maria Zednikova, Petr Stanovsky, Marek C. Ruzicka, Shohei Sasaki, Akio Tomiyama. Flow regimes in slurry bubble column: Effect of column height and particle concentration. Chemical Engineering Journal. 2018. 351. 799-815
  • Shohei Sasaki, Kengo Uchida, Kosuke Hayashi, Akio Tomiyama. Effects of column diameter and liquid height on gas holdup in air-water bubble columns. Experimental Thermal and Fluid Science. 2017. 82. 359-366
  • Shohei Sasaki, Kosuke Hayashi, Akio Tomiyama. Effects of liquid height on gas holdup in air-water bubble column. Experimental Thermal and Fluid Science. 2016. 72. 67-74
  • Shohei Sasaki, Kengo Uchida, Kosuke Hayashi, Akio Tomiyama. Effects of Particle Concentration and Slurry Height on Gas Holdup in a Slurry Bubble Column. Journal of Chemical Engineering of Japan. 2016. 49. 9. 824-830
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 塔径及び初期液位が気泡塔内平均ボイド率に及ぼす影響
    (日本混相流学会 混相流シンポジウム 2016 2016)
  • スラリー気泡塔における気泡合体に粒子径が及ぼす影響
    (日本混相流学会混相流 シンポジウム2014 2014)
  • スラリー気泡塔内平均ボイド率に及ぼす初期液位の影響
    (日本混相流学会混相流 シンポジウム2014 2014)
  • 吸入薬剤の輸送評価に向けた口腔咽頭部への粒子沈着の解析
    (関東学生会第52 回学生員卒業研究発表講演会 2013)
学歴 (4件):
  • 2014 - 2017 神戸大学 機械工学専攻
  • 2013 - 2014 神戸大学 機械工学専攻
  • 2011 - 2013 埼玉大学 機械工学科
  • 2006 - 2011 松江工業高等専門学校
学位 (1件):
  • 博士号 (神戸大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 松江工業高等専門学校 機械工学科 助教
  • 2017/04 - 2020/02 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 資源備蓄本部 石油・石油ガス備蓄部
受賞 (3件):
  • 2016/05 - 神戸大学 Outstanding Student Award
  • 2015/03 - 神戸大学KTC機械クラブ 機械クラブ国際活動奨励賞 スラリー気泡塔のボイド率に及ぼす液位の影響
  • 2015/03 - 日本機械学会 2014年度日本機械学会三浦賞
所属学会 (1件):
一般社団法人日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る