研究者
J-GLOBAL ID:202001008635485610   更新日: 2024年07月10日

今村 亮一

イマムラ リョウイチ | Imamura Ryoichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 泌尿器科学
研究キーワード (5件): 移植免疫学 ,  泌尿器内視鏡学 ,  腎不全外科 ,  腎移植 ,  尿路生殖器悪性腫瘍
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2024 - 2027 腎移植後腎機能低下に影響を及ぼす腎尿細管間質線維化を抑制する革新的手法の確立
  • 2022 - 2025 シリコン微細粒子経口投与によるラット異系腎移植モデルにおける免疫応答への効果
  • 2022 - 2025 HMGB1ペプチドを用いた末梢血間葉系幹細胞動員による腎線維化の抑制
  • 2022 - 2025 腎移植患者におけるSGLT2阻害薬の腎保護効果
  • 2022 - 2025 腎移植後拒絶反応の診断および治療効果予測のための革新的新規バイオマーカーの創出
全件表示
論文 (309件):
  • Kensuke Mitsunari, Hajime Fukushima, Hiroki Kurata, Junki Harada, Yuichiro Nakamura, Tomohiro Matsuo, Kojiro Ohba, Yasushi Mochizuki, Ryoichi Imamura. Predictive Factors for Early Biochemical Recurrence Following Robot-assisted Radical Prostatectomy: The Impact of PSA Level, Gleason Score, and Pathological Tumor Stage. Anticancer research. 2024. 44. 7. 3149-3154
  • Kojiro Ohba, Hiromi Nakanishi, Ken Kawada, Yuichiro Nakamura, Kensuke Mitsunari, Tomohiro Matsuo, Yasushi Mochizuki, Ryoichi Imamura. Predictive factors of nivolumab plus ipilimumab treatment efficacy in metastatic renal cell carcinoma patients. Japanese journal of clinical oncology. 2024
  • 今村 亮一, 加藤 大悟, 波多野 浩士, 河嶋 厚成, 福原 慎一郎, 野々村 祝夫. 【RARC 尿路変向初心者のためのtips and tricks】RARC初心者に対するECUDのすすめ. Japanese Journal of Endourology and Robotics. 2024. 37. 1. 9-14
  • Yuta Mukae, Kojiro Ohba, Kyohei Araki, Yuichiro Nakamura, Hiromi Nakanishi, Takuji Yasuda, Kensuke Mitsunari, Tomohiro Matsuo, Yasushi Mochizuki, Junji Irie, et al. Primary signet-ring cell carcinoma of the bladder treated with laparoscopic radical cystectomy: a case report. International cancer conference journal. 2024. 13. 2. 129-133
  • Kojiro Ohba, Ryoichi Imamura. The final report of KEYNOTE-426 showed the efficacy and safety as a treatment for advanced renal cell carcinoma. Translational andrology and urology. 2024. 13. 2. 353-355
もっと見る
MISC (449件):
  • 荒木杏平, 松尾朋博, 天本広太, 小室里沙, 柿田聖太, 本多弘幸, 森慎太郎, 正戸正人, 中村裕一郎, 安田拓司, et al. 当院における2nd TURの検討. 日本癌治療学会学術集会(Web). 2023. 61st
  • 松尾朋博, 荒木杏平, 本多弘幸, 森慎太郎, 光成健輔, 大庭康司郎, 今村亮一. 上部尿路上皮がんが膀胱再発する際の再発部位に関する検討. 日本癌治療学会学術集会(Web). 2023. 61st
  • 河嶋厚成, 石津谷祐, 上田倫央, 山本致之, 中澤成晃, 竹澤健太郎, 山中和明, 加藤大悟, 波多野浩士, 福原慎一郎, et al. ロボット支援後腹膜鏡下腎尿管全摘除術の初期経験. 日本泌尿器科学会総会(Web). 2023. 110th
  • 石津谷祐, 岡利樹, 奥田洋平, 植村俊彦, 山本顕生, 山道岳, 冨山栄輔, 山本致之, 加藤大悟, 波多野浩士, et al. 泌尿器悪性腫瘍の転移巣に対する経皮的CTガイド下針生検の診断精度. 日本泌尿器科学会総会(Web). 2023. 110th
  • 林 裕次郎, 藤田 和利, 松崎 恭介, 川村 憲彦, 山本 致之, 加藤 大悟, 波多野 浩士, 河嶋 厚成, 氏家 剛, 植村 元秀, et al. 尿中Cell-free DNAを用いたLiquid biopsyによる上部尿路上皮癌の新規バイオマーカーの検討. 泌尿器科紀要. 2020. 66. 6. 178-178
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 大阪大学 大学院医学系研究科 臓器制御医学専攻
  • 1990 - 1996 奈良県立医科大学 医学部 医学科
経歴 (10件):
  • 2023/01 - 現在 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 教授
  • 2023/01 - 現在 大阪大学 大学院医学系研究科 招へい教授
  • 2018/04 - 2022/12 大阪大学 医学部附属病院 病院教授
  • 2017/07 - 2022/12 大阪大学 大学院医学系研究科 准教授
  • 2014/04 - 2017/06 大阪大学 大学院医学系研究科 講師
全件表示
委員歴 (16件):
  • - 現在 泌尿器科分子・細胞研究会 世話人
  • - 現在 日本泌尿器科学会 専門領域委員会腎不全・腎移植領域部会長
  • - 現在 日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会 学術委員会委員
  • - 現在 日本組織適合性学会 近畿地方会世話人
  • - 現在 日本臓器保存生物医学会 評議員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2020 - 公益財団法人大阪腎臓バンク 研究助成金
  • 2015 - 15th Congress of the Asian Society of Transplantation Best Poster Abstract Award
  • 2011 - 第99回日本泌尿器科学会総会賞
  • 2009 - 第97回日本泌尿器科学会総会賞
  • 2008 - 13th Congress of the European Society for Organ Transplantation Fresenius Best Poster Award
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る