研究者
J-GLOBAL ID:202001008918047929   更新日: 2021年10月13日

幸田 和久

コウダ カズヒサ | Koda Kazuhisa
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (3件): 地域環境工学、農村計画学 ,  地域環境工学、農村計画学 ,  地域環境工学、農村計画学
研究キーワード (8件): 水利施設の補修・維持管理 ,  太陽光淡水化装置 ,  数値シミュレーション ,  流域管理 ,  地盤と構造物の相互作用問題 ,  圃場整備 ,  施工管理(Constructability) ,  島嶼の水資源開発・利用
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2011 - 2015 太陽光淡水化装置の開発
論文 (20件):
  • 小川龍之介, 平田昌弘, ブルハーヌ・ゲブレアネニア, ゲブレメドヒン, 内田諭, 酒井徹, 幸田和久, 竹中浩一. Spatial modeling of soil erosion and identification of high-risk spots with the GIS-RUSLE model for the Adi Zaboy watershed, eastern Tigray region, Ethiopia. 砂漠研究. 2021. 31. 1. 1-14
  • 幸田和久. ローラ島における淡水レンズの動態-水理水頭分布に基づくローラレンズ塩淡境界付近の地下水流動の把握-. 日本水文科学会誌. 2020. 50. 3. 1-15
  • Kazuhisa KODA, Gebreyohannes GIRMAY, Tesfay BERIHU. Constructability Criteria for Farmland Reclamation and Vegetable Cultivation Using Micro-Dam Sediments in Tigray, Ethiopia. Sustainability. 2020. 12. 16. 1-14
  • 平田 昌弘, 小川 龍之介, Birhane Gebreanenia GEBREMEDHIN, 酒井 徹, 幸田 和久, 宮崎 直美, 竹中 浩一. エチオピア・ティグライ州キルテ-アウラエロ郡南部における燃料の生産と消費の視点からの森林保全の検討. 沙漠研究. 2020. 29. 4. 115-127
  • 吉本周平, 幸田和久(4th Author)ほか. Using Hydrogeochemical Indicators to Interpret Groundwater Flow and Geochemical Evolution of a Freshwater Lens on Majuro Atoll, Republic of the Marshall Islands. Hydrogeology Journal. 2020
もっと見る
MISC (15件):
  • 学会誌企画, 編集委員会. 表紙写真の選考を終えて(第89回表紙写真入選作品). 農業農村工学会誌. 2021. 89. 1. 54-58
  • Kazuhisa Koda, Gebreyohannes Girmay, Tesfay Berihu. Farmland reclamation by using micro-dam sediments in Ethiopian highlands. JIRCAS Research Highlights. 2020
  • 幸田和久, ゲブラヨハネス・ギルマイ, テスファイ・ベリフ. エチオピア高原の小流域流末のため池堆積砂を利用した農地造成. JIRCAS研究成果情報. 2020
  • Kazuhisa Koda, Fujio Nagumo. Development of a Comprehensive Micro-watershed Management Model. JIRCAS Newsletter. 2019. 87
  • 幸田和久, 南雲不二男. エチオピア高原における総合的な小流域管理モデルの構築. JIRCASニュースレター. 2019. 87
もっと見る
特許 (2件):
  • 太陽熱集熱器(2)
  • 太陽熱集熱器
書籍 (3件):
  • Soil Erosion and Sustainable Land Management
    MDPI 2021
  • Climate Smart Agriculture
    World Agroforestry (ICRAF) 2019
  • Constructability criteria, and modular design factors for concrete formwork
    CII Guideline for Constructability, SUSINPOM.com 2010
講演・口頭発表等 (41件):
  • Constructability criteria to reclaim farmland by making use of micro-dam sediments in Tigray, Ethiopia
    (第70回農業農村工学会全国大会講演会 2021)
  • マーシャル諸島共和国ローラ島の淡水レンズの動態シミュレーション
    (第71回農業農村工学会関東支部大会)
  • マーシャル諸島共和国ローラ島における淡水レンズの動態管理
    (日本雨水資源化システム学会 2020)
  • エチオピア高原における総合的な小流域管理モデルの構築
    (日本雨水資源化システム学会(島根) 2019)
  • Integrating Promising Legume Cover Crops in Conservation Agriculture Practices Significantly Improve Wheat and Soil Productivity in Tigray, Ethiopian highlands
    (SOM 2019 (Australia) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1996 - 1998 ウィスコンシン大学院マディソン校 生物システム工学科
  • 1986 - 1991 京都大学院 農学研究科
学位 (3件):
  • 博士(環境学) (筑波大学)
  • 博士研究指導認定(農学) (京都大学)
  • 修士(理学) (ウィスコンシン大学マディソン校)
経歴 (7件):
  • 2021/08 - 現在 鳥取大学院連合農学研究科
  • 2008/04 - 現在 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(茨城県) 農村開発領域 PL・主任研究員
  • 2022/05 - 2022/08 ウィスコンシン大学院マディソン校(予定) 土木環境工学科 客員研究員
  • 2005/04 - 2008/03 JICAつくば国際センター 研修指導員主任
  • 2007/01 - 2007/01 世界銀行研修指導員 ラオス・カンボジア国における水資源計画ならびに流域モデル化に関する能力育成技術支援コース
全件表示
受賞 (5件):
  • 2021/03 - 筑波大学院学位記授与式 論文博士取得者総代
  • 2021/02 - 農業農村工学会2021年2月号 学会誌表紙写真入選 エチオピア高原における農地への架け橋
  • 2020/08 - Mekelle University Letter of Appreciation (to the article published in SUSTAINBILITY) 感謝状
  • 2019/02 - Mekelle University Letter of Appreciation (to the book chapter) 感謝状
  • 2019/02 - Mekkele University Letter of Appreciation (to the article published in SUSTAINABILITY) 感謝状
所属学会 (5件):
土木学会 ,  日本国際地域開発学会 ,  日本雨水資源化システム学会 ,  日本水文科学会 ,  農業農村工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る