研究者
J-GLOBAL ID:202001008947047504   更新日: 2020年06月06日

田島 茂行

Tajima Shigeyuki
所属機関・部署:
論文 (2件):
  • Tajima S, Uchikura K, Kurita T, Kikuchi K. The effect of artificial insemination prior to transfer of a limited number of vitrified and warmed porcine embryos by open pulled straw (OPS) method on their survival ability for farrowing. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho. 2019
  • Nakamura Y, Tajima S, Kikuchi K. The quality after culture in vitro or in vivo of porcine oocytes matured and fertilized in vitro and their ability to develop to term. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho. 2017. 88. 12. 1916-1924
MISC (8件):
  • 奥山みなみ, 奥山みなみ, 内倉健造, 田島茂行, 楢原久司, 西園晃. 精漿の透析あるいは非働化処理が豚の子宮内膜上皮細胞におけるサイトカイン発現変化に及ぼす影響. Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl Japanese Issue. j82
  • 田島茂行, 内倉健造, 鈴木雅大, 相良鮎美, 瀧下梨英, 平山祐理. 新しく開発されたガラス化胚の非外科的移植方法による生産農場への種豚導入実証. 日本養豚学会大会講演要旨. 2019. 110th. 17
  • 田島茂行, 増田達明, 中村義之, 菊地和弘, 平山祐理, 橋谷田豊. 非外科的追い移植によるガラス化冷却ブタ胚由来産子の生産効率向上に関する検討. 日本畜産学会大会講演要旨. 2018. 124th. 207
  • 内倉健造, 山本るみ子, 田島茂行, 栗田隆之. 卵胞刺激ホルモンを用いた採胚法の検討. 日本養豚学会大会講演要旨. 2017. 106th. 4
  • 柴田 貴子, 田島 茂行, 安藤 康紀. プロスタグランジンF2α及びPMSG、hCGによる豚の排卵同期化. 愛知県農業総合試験場研究報告. 2006. 38. 161-166
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る