研究者
J-GLOBAL ID:202001009322053219   更新日: 2021年10月26日

山本 直樹

ヤマモト ナオキ | Yamamoto Naoki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): ウイルス学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 閉環状DNAとして染色体外に存在するB型肝炎ウイルスゲノムの維持と分解機序の解明
  • 2015 - 2018 B型肝炎ウイルス遺伝子型Aに特有のHBs蛋白質発現制御機序の解明
論文 (37件):
  • Makoto Saito, Yasushi Itoh, Fumihiko Yasui, Tsubasa Munakata, Daisuke Yamane, Makoto Ozawa, Risa Ito, Takayuki Katoh, Hirohito Ishigaki, Misako Nakayama, et al. Macrocyclic peptides exhibit antiviral effects against influenza virus HA and prevent pneumonia in animal models. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • Tomomi Ichimiya, Masatoshi Okamatsu, Takaaki Kinoshita, Daiki Kobayashi, Osamu Ichii, Naoki Yamamoto, Yoshihiro Sakoda, Hiroshi Kida, Hiroto Kawashima, Kazuo Yamamoto, et al. Sulfated glycans containing NeuAcα2-3Gal facilitate the propagation of human H1N1 influenza A viruses in eggs. Virology. 2021. 562. 29-39
  • 梶原 直樹, 山本 直樹, 小原 道法, 安井 文彦, 迫田 義博, 喜田 宏, 芝崎 太. H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスの膜透過性ペプチドを介した細胞侵入機構. 日本薬学会年会要旨集. 2021. 141年会. 28P01-L006
  • Mohammad Enamul Hoque Kayesh, Yutaka Amako, Md Abul Hashem, Shuko Murakami, Shintaro Ogawa, Naoki Yamamoto, Tatsuro Hifumi, Noriaki Miyoshi, Masaya Sugiyama, Yasuhito Tanaka, et al. Development of an in vivo delivery system for CRISPR/Cas9-mediated targeting of hepatitis B virus cccDNA. Virus Research. 2020. 290. 198191-198191
  • Naoki Kajiwara, Namiko Nomura, Masako Ukaji, Naoki Yamamoto, Michinori Kohara, Fumihiko Yasui, Yoshihiro Sakoda, Hiroshi Kida, Futoshi Shibasaki. Cell-penetrating peptide-mediated cell entry of H5N1 highly pathogenic avian influenza virus. Scientific Reports. 2020. 10. 1. 18008-18008
もっと見る
MISC (2件):
  • 棟方 翼, 山本 直樹, 小原道法. HBVの持続感染因子. 日本臨牀. 2015. 73. 9. 357-360
  • 山本直樹, 迫田義博. 2010-2011年の冬季に国内で発生した高病原性鳥インフルエンザを振り返る. 畜産技術. 2012. 686. 19-24
特許 (1件):
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 公益財団法人東京都医学総合研究所 感染制御プロジェクト 主任研究員
  • 2012/12 - 2016/03 公益財団法人東京都医学総合研究所 感染制御プロジェクト 研究員
  • 2009/04 - 2012/11 北海道大学 大学院獣医学研究科 博士研究員
受賞 (2件):
  • 2013/10 - International HBV Meeting Award of Excellence Poster Presentation Establishment of efficient HBV infection and replication system in vitro
  • 2012/11 - 日本ウイルス学会 優秀ポスター賞 非病原性鳥インフルエンザウイルスA/duck/Hokkaido/Vac-1/2004 (H5N1) のニワトリに対する病原性獲得に与るウイルス因子の同定
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る