研究者
J-GLOBAL ID:202001009391771328   更新日: 2024年03月04日

小倉 巧也

オグラ コウヤ | Ogura Koya
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 放射線影響 ,  放射線科学 ,  科学教育
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2024 バーチャルリアリティ技術を駆使した小学校児童向け視覚体験型放射線教育教材の開発
  • 放射線影響の学習を支援する学校教育向け新放射線教育教材の開発
論文 (13件):
  • Hidetaka Narita, Ruriko Kidachi, Motoya Yamada, Hiromi Kudo, Kohsei Kudo, Minoru Osanai, Takakiyo Tsujiguchi, Koya Ogura, Makoto Tanaka. Study on the necessity of radiation risk communicator training seminars: Survey of local government employees around nuclear power plants. Journal of Health Sciences Research. 2022. 13. 1. 29-37
  • Mayumi SHIMIZU, Ruriko KIDACHI, Koya OGURA, Kazutaka KIKUCHI, Motoya YAMADA, Kohsei KUDO, Minoru OSANAI, Takakiyo TSUJIGUCHI, Makoto TANAKA, Kazuya NORIKANE, et al. Text Mining Analysis of Questions and Explanations in Radiation Risk Communication Round Table Discussions. Jpn. J. Health Phys. 2022. 57. 1. 36-48
  • Shinji Tokonami, Tomisato Miura, Naofumi Akata, Hirofumi Tazoe, Masahiro Hosoda, Kranrod Chutima, Hiromi Kudo, Koya Ogura, Yohei Fujishima, Yuki Tamakuma, et al. Support activities in Namie Town, Fukushima undertaken by Hirosaki University. Annals of the ICRP. 2021. 014664532110068-014664532110068
  • T. Ploykrathok, K. Ogura, M. Shimizu, M. Hosoda, Y. Shiroma, H. Kudo, Y. Tamakuma, S. Tokonami. Estimation of annual effective dose in Namie Town, Fukushima Prefecture due to inhalation of radon and thoron progeny. Radiation Environment and Medicine. 2021. 10. 1. 9-17
  • Koya Ogura, Masahiro Hosoda, Yuki Tamakuma, Takahito Suzuki, Ryohei Yamada, Ryoju Negami, Takakiyo Tsujiguchi, Masaru Yamaguchi, Yoshitaka Shiroma, Kazuki Iwaoka, et al. Discriminative Measurement of Absorbed Dose Rates in Air from Natural and Artificial Radionuclides in Namie Town, Fukushima Prefecture. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021. 18. 3. 978-978
もっと見る
MISC (8件):
  • 小倉巧也, 三上夏美. OSL線量計を用いたクルックス管からの低エネルギー漏洩X線評価. 日本理科教育学会北海道支部大会発表論文集. 2023. 34. 13-13
  • 保屋野雄太, 小倉巧也, 長南幸安. 放射線に関するリカレント教育のための預託実効線量解析 福島県浜通り地区の食品検査結果を基に. 東北支部大会発表論文集. 2022. 61
  • 木立 るり子, 則包 和也, 辻口 貴清, 小倉 巧也, 工藤 幸清, 山田 基矢, 工藤 麻理奈, 成田 秀貴, 清水 真由美, 菊池 和貴. 交流集会「大学が展開する放射線リスクコミュニケーションの教育」. 日本放射線看護学会誌. 2021. 9. 1. 61-62
  • 辻口 貴清, 三上 純子, 坂本 瑞生, 小倉 巧也, 小山内 暢, 井瀧 千恵子. 高度被ばく医療支援センターにおける「原子力災害時医療/院内基礎研修」の開催事例 -弘前大学の取組-. 日本放射線看護学会誌. 2021. 9. 1. 14-19
  • 木立るり子, 工藤幸清, 則包和也, 小山内 暢, 辻口貴清, 小倉巧也, 山田基矢, 清水真由美, 菊池和貴, 床次真司, et al. 放射線について住民と共考するありかたとは?福島県浪江町における支援活動から. 日本看護放射線看護学会第8回学術集会 抄録集. 2019. 8回. 95-95
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • Development of teaching material for studying the biological effects of radiation
    (2022 年度 ERAN 年次報告会 2023)
  • 放射線に関するリカレント教育のための預託実効線量解析 福島県浜通り地区の食品検査結果を基に
    (日本理科教育学会第61回東北支部大会 2022)
  • 原子力災害被災地における児童生徒及び社会人から高齢者を対象とした放射線教育実践
    (第4回日本環境教育学会東北支部大会、東北地区環境教育研究・活動発表会 2021)
  • 距離の逆二乗則を導入するリカレント放射線教育教材の開発と原子力災害被災地における実践
    (第4回日本環境教育学会東北支部大会、東北地区環境教育研究・活動発表会 2021)
  • 大学が展開する放射線リスクコミュニケーションの教育
    (日本放射線看護学会 第9回学術集会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2019 - 2022 弘前大学 大学院保健学研究科 保健学専攻 放射線技術科学領域・博士後期課程
  • 2016 - 2018 弘前大学 大学院教育学研究科 教科教育専攻 理科教育専修・修士課程
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 北海道科学大学 保健医療学部 診療放射線学科 助教
  • 2019/04 - 2021/03 弘前大学 放射線安全総合支援センター 特任助教(兼任)
  • 2019/04 - 2021/03 弘前大学 大学院保健学研究科 放射線技術科学領域 特任助教
受賞 (4件):
  • 2021/12 - 公益財団法人 日本科学技術振興財団 2021年度放射線教材コンテスト 優秀賞 視覚体験型放射線学習カードゲーム「 これ,何シーベルト?」
  • 2021/12 - 公益財団法人 日本科学技術振興財団 2021年度放射線教材コンテスト 優秀賞 X線単純撮影の原理を体験的に学ぶ
  • 2020/03 - 公益財団法人 日本科学技術振興財団 2019年度放射線教材コンテスト 理化学協会特別賞
  • 2017/11 - 日本理科教育学会 東北理科教育教育賞院生研究奨励賞
所属学会 (4件):
日本保健物理学会 ,  日本放射線看護学会 ,  日本理科教育学会 ,  日本放射線影響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る