研究者
J-GLOBAL ID:202001009593870697   更新日: 2021年10月26日

古俣 慎也

Komata Shinya
所属機関・部署:
職名: 学術振興会特別研究員PD
研究分野 (5件): 動物生理化学、生理学、行動学 ,  ゲノム生物学 ,  分子生物学 ,  生態学、環境学 ,  進化生物学
研究キーワード (9件): 斑紋形成 ,  超遺伝子 ,  進化生物学 ,  分子遺伝学 ,  個体群生態学 ,  多型維持機構 ,  メス限定擬態 ,  表現型多型 ,  ベイツ型擬態
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 ベイツ型擬態をモデルにしたスーパージーンによる多様性の創出と維持機構の解明
  • 2015 - 2018 擬態遺伝子の季節動態からさぐる擬態多型の維持機構
  • 2015 - 2016 ナガサキアゲハにおける斑紋多型維持機構の解明:擬態型と非擬態型の適応度は季節変動する
論文 (7件):
  • Shinichi Yoda, Kousuke Sakakura, Tasuku Kitamura, Yûsuke KonDo, Kazuki Sato, Ryosuke Ohnuki, Itsuki Someya, Shinya Komata, Tetsuya Kojima, Shinya Yoshioka, et al. Genetic switch in UV response of mimicry-related pale-yellow colors in Batesian mimic butterfly, Papilio polytes. Science Advances. 2021. 7. 2. eabd6475-eabd6475
  • Shinya Komata, Tasuku Kitamura, Haruhiko Fujiwara. Batesian mimicry has evolved with deleterious effects of the pleiotropic gene doublesex. Scientific Reports. 2020. 10. 1. 21333-21333
  • Shinya Komata, Chung-Ping Lin, Teiji Sota. Do juvenile developmental and adult body characteristics differ among genotypes at the doublesex locus that controls female-limited Batesian mimicry polymorphism in Papilio memnon?: A test for the “cost of mimicry” hypothesis. Journal of Insect Physiology. 2018. 107. 1-6
  • Takuro Iijima, Rei Kajitani, Shinya Komata, Chung-Ping Lin, Teiji Sota, Takehiko Itoh, Haruhiko Fujiwara. Parallel evolution of Batesian mimicry supergene in twoPapiliobutterflies,P. polytesandP. memnon. Science Advances. 2018. 4. 4. eaao5416-eaao5416
  • Shinya Komata, Chung-Ping Lin, Teiji Sota. Temporal dynamics of the mimetic allele frequency at the doublesex locus, which controls polymorphic Batesian mimicry in Papilio memnon butterflies. Scientific Reports. 2017. 7. 1
もっと見る
MISC (1件):
  • 田中智大, 飯島択郎, 西川英輝, 梶谷嶺, 古俣慎也, 来田村輔, 依田真一, 藤原晴彦. 近縁なアゲハチョウ2種におけるメス限定ベイツ型擬態の表現型と進化プロセスの比較. 日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web). 2018. 20th
学歴 (4件):
  • 2013 - 2018 京都大学大学院 生物科学専攻博士後期課程
  • 2011 - 2013 京都大学大学院 生物科学専攻修士課程
  • 2007 - 2011 京都大学
  • 2003 - 2006 新潟県立新潟高等学校 理数科
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻遺伝システム革新学分野
  • 2018/08 - 2019/03 東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻遺伝システム革新学分野
  • 2018/04 - 2018/09 大谷大学
  • 2017/04 - 2018/07 京都保健衛生専門学校
  • 2016/04 - 2018/06 京都歯科医療技術専門学校
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る