研究者
J-GLOBAL ID:202001009598204733   更新日: 2020年05月05日

稲田 壮峰

イナダ マサタカ | INADA Masataka
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (2件): 分析化学 ,  生物物理学
論文 (2件):
  • Masataka Inada, Masanao Kinoshita, Nobuaki Matsumori. Archaeal Glycolipid S-TGA-1 Is Crucial for Trimer Formation and Photocycle Activity of Bacteriorhodopsin. ACS chemical biology. 2020. 15. 1. 197-204
  • Masataka Inada, Masanao Kinoshita, Ayumi Sumino, Shigetoshi Oiki, Nobuaki Matsumori. A concise method for quantitative analysis of interactions between lipids and membrane proteins. Analytica chimica acta. 2019. 1059. 103-112
講演・口頭発表等 (1件):
  • 展望とトピックス講演「SPR定量化法による脂質相互作用探索と膜タンパク質活性化メカニズムの解明」
    (第79回分析化学討論会 2019)
学位 (1件):
  • 博士(理学) (九州大学)
所属学会 (4件):
日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本分析化学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る