研究者
J-GLOBAL ID:202001009757057410   更新日: 2021年03月08日

水野 統文

ミズノ ノリフミ | Mizuno Norifumi
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 放射線科学
研究キーワード (3件): 医学物理学 ,  放射線治療 ,  放射線腫瘍学
論文 (18件):
  • Ryohei Yamauchi, Norifumi Mizuno, Tomoko Itazawa, Jiro Kawamori. The influence of respiratory motion on dose distribution in accelerated partial breast irradiation using volumetric modulated arc therapy. Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB). 2020. 80. 23-33
  • Kensuke Tani, Akihisa Wakita, Naoki Tohyama, Yukio Fujita, Satoshi Kito, Ryohei Miyasaka, Norifumi Mizuno, Ryuzo Uehara, Toru Takakura, Shunsuke Miyake, et al. Evaluation of differences and dosimetric influences of beam models using golden and multi-institutional measured beam datasets in radiation treatment planning systems. Medical physics. 2020
  • Ryohei Yamauchi, Mitsunobu Igari, Yuya Kasai, Masatsugu Hariu, Yuhi Suda, Toru Kawachi, Tetsurou Katayose, Norifumi Mizuno, Ryohei Miyasaka, Hidetoshi Saitoh. Estimation of the cable effect in megavoltage photon beam by measurement and Monte Carlo simulation. Medical physics. 2020
  • Ryohei Yamauchi, Norifumi Mizuno, Tomoko Itazawa, Hidetoshi Saitoh, Jiro Kawamori. Dosimetric evaluation of deep inspiration breath hold for left-sided breast cancer: analysis of patient-specific parameters related to heart dose reduction. Journal of radiation research. 2020
  • Norifumi Mizuno, Shinji Kawamura, Toshiyuki Minemura, Hiroyuki Okamoto, Naoki Tohyama, Masahiko Kurooka, Ryu Kawamorita, Yoshinori Ito, Yuko Nakayama. [Introduction of Quality Indicators into Radiotherapy Departments in Japan]. Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics. 2020. 40. 3. 75-87
もっと見る
MISC (19件):
  • 水野 統文. がん医療における放射線治療最前線(No.9) 聖路加国際病院における乳がんの深吸気息止め照射について. INNERVISION. 2020. 35. 5. 86-87
  • 山内 遼平, 猪狩 光紳, 笠井 裕也, 針生 将嗣, 須田 雄飛, 河内 徹, 片寄 哲郎, 水野 統文, 宮阪 遼平, 齋藤 秀敏. モンテカルロシミュレーションを用いた電離箱線量計のケーブル漏電の推定. 日本保健科学学会誌. 2019. 22. Suppl. 27-27
  • 水野 統文, 山内 遼平. 【コメディカルで輝く放射線治療】日本初の自動乳腺接線IMRT計画ソフトウェアの臨床導入 RayStation Automated Breast Planning症例が200患者を超えて. Rad Fan. 2018. 16. 12. 44-47
  • Naoki Nakamura, Yoichiro Tsukada, Norifumi Mizuno. Clinical Significance of Prophylactic Radiotherapy for Metastatic Spinal Cord Compression. ANNALS OF ONCOLOGY. 2016. 27
  • 中村 直樹, 荒平 聡子, 水野 統文. 人工乳房による再建術と放射線治療に関わる諸問題 (これからの乳癌診療2015-2016) -- (放射線療法). これからの乳癌診療. 2016. 73-77
もっと見る
書籍 (2件):
  • 米国医学物理学会タスクグループ100レポート「放射線治療の品質マネジメントへのリスク解析法の適用」日本語訳
    国立がん研究センター研究開発費(課題番号30-A-14) 2019
  • 放射線治療における位置照合とセットアップの実際 = Practice of immobilization and verification for external beam radiation therapy
    日本放射線技術学会出版委員会 2015
講演・口頭発表等 (55件):
  • 加速部分乳房照射における位置照合時の呼吸性移動の影響
    (第36回日本診療放射線技師会学術大会 2021)
  • 放射線治療部門における診療の質評価指標(Quality Indicator: QI)策定に向けた調査
    (日本放射線腫瘍学会第33回学術大会 2020)
  • 強度変調回転照射による加速乳房部分照射における呼吸性移動の評価
    (日本放射線腫瘍学会第33回学術大会 2020)
  • 完全内臓逆位の右乳癌に対して深吸気息止め照射を行った一例
    (日本放射線腫瘍学会第33回学術大会 2020)
  • The Influence of Respiratory Motion On Dose Distribution in VMAT-APBI
    (American Association of Physicists in Medicine 62nd Annual Meeting & Exhibition 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2018 - 現在 埼玉医科大学大学院 臨床医学研究系 放射線医学専攻 博士課程
  • 2013 - 2015 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 放射線科学域
  • 2003 - 2007 鈴鹿医療科学大学 放射線技術科学科
学位 (1件):
  • 修士(放射線学) (首都大学東京大学院)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 立教大学 理学研究科 客員准教授
  • 2013/10 - 現在 聖路加国際病院 放射線科放射線治療品質管理室 医学物理士
  • 2013/04 - 2018/03 立教大学 理学研究科 客員准教授
  • 2007/04 - 2013/09 聖路加国際病院 放射線科放射線診断・放射線治療
委員歴 (1件):
  • 2019/09 - 2019/09 日本ハイパーサーミア学会 第36回大会 大会実行委員
受賞 (1件):
  • 2014/04 - 日本医学物理学会 第107回日本医学物理学会学術大会 大会長賞 Evaluation of dose distributions in the vicinity of high atomic number materials for electron beams
所属学会 (4件):
日本医学物理士会 ,  日本医学物理学会 ,  日本放射線腫瘍学会 ,  日本放射線技術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る