研究者
J-GLOBAL ID:202001009860930211   更新日: 2022年04月17日

安藤 仁美

アンドウ ヒトミ | Ando Hitomi
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  生涯発達看護学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 学童期における味覚感度に着目した食の自己管理能力育成プログラムの検証
論文 (5件):
  • Hitomi Ando, Junyi Shen, Ken-ichirou Morishige, Shunji Suto, Takako Nakashima, Tatsuro Furui, Yuki Kawasaki, Hiroko Watanabe, Tatsuyoshi Saijo. Association between postpartum depression and social support satisfaction levels at four months after childbirth. Archives of Psychiatric Nursing. 2021. 35. 4. 341-346
  • 高見沢恵美子, 安藤仁美, 坂中尚哉, 藤木清, 川畑摩紀枝. 看護基礎教育における卒業時に必要な能力評価. 関西国際大学紀要. 2018. 19. 57-64
  • 日野徳子, 本田真也, 安藤仁美, 神宮寺陽子, 小坂素子, 溝畑剣城. 学生の専攻分野選択に影響する看護学臨地実習-グループインタビューによる分析から-. 関西国際大学紀要. 2018. 19. 89-100
  • 安藤仁美, 大橋一友. 保健医療機関の看護職者が産後継続支援に必要と認識している母子の情報. 大阪母性衛生学会雑誌. 2014. 50. 1. 85-89
  • 安藤仁美, 鈴木学美, 近森栄子. 発達段階に応じた性教育プログラムとその実践. 研究の歩み. 2011. 23. 21-30
講演・口頭発表等 (6件):
  • Postpartum mother’s experiences of social support and their needs for healthcare professional
    (6th International Conference of Global Network Public Health Nursing 2022)
  • Association between postpartum depression and social support satisfaction levels at four months after childbirth
    (23rd East Asian Forum of Nursing Scholar 2020)
  • 学校における生徒の精神保健にかかわる多職種連携-虐待の発見と支援-
    (第33回日本保健医療行動科学学会学術集会 2018)
  • 学生の専攻分野選択に影響する看護学臨地実習-グループインタビューによる分析からー
    (第28回日本医学看護学教育学会学術学会 2018)
  • 保健医療機関の看護職者が産後継続支援に必要と認識している母子の情報
    (第52回大阪母性衛生学会学術集会 2013)
もっと見る
Works (1件):
  • 来て!助産師さん
    土屋さやか, 安藤仁美, 岡山真理, 川内惠美子, 丹治恵実, 早瀬麻子, 藤田和佳子, ブラウン美由紀, 山之内智子 2015 -
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る