研究者
J-GLOBAL ID:202001009866340122   更新日: 2020年11月30日

田邉 彰

Tanave Akira
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (3件): 遺伝学 ,  発生生物学 ,  実験動物学
研究キーワード (13件): CRISPR/Cas9 ,  cis-element ,  エンハンサー ,  レトロトランスポゾン ,  遺伝子発現制御 ,  遺伝子多型 ,  野生マウス ,  行動遺伝学 ,  マウス ,  ゲノム編集 ,  行動 ,  毛色 ,  バイオインフォマティクス
論文 (10件):
  • Kenta Sumiyama, Akira Tanave. The regulatory landscape of the Dlx gene system in branchial arches: Shared characteristics among Dlx bigene clusters and evolution. Development, growth & differentiation. 2020
  • Akira Tanave, Tsuyoshi Koide. A role for the rare endogenous retrovirus β4 in development of Japanese fancy mice. Communications biology. 2020. 3. 1. 53-53
  • Yuki Matsumoto, Toshihito Takagi, Ryosuke Koda, Akira Tanave, Asuka Yamashiro, Hidetoshi B Tamate. Evaluation of introgressive hybridization among Cervidae in Japan's Kinki District via two novel genetic markers developed from public NGS data. Ecology and evolution. 2019. 9. 10. 5605-5616
  • Akira Tanave, Yuji Imai, Tsuyoshi Koide. Nested retrotransposition in the East Asian mouse genome causes the classical nonagouti mutation. Communications biology. 2019. 2. 283-283
  • Hiromichi Nagayama, Yuki Matsumoto, Akira Tanave, Motoko Nihei, Tatsuhiko Goto, Tsuyoshi Koide. Measuring Active and Passive Tameness Separately in Mice. Journal of visualized experiments : JoVE. 2018. 138
もっと見る
MISC (9件):
  • Kazuto Yoshimi, Yuji Imai, Akira Tanave, Tomoji Mashimo, Tsuyoshi Koide. Long single-stranded oligonucleotide-mediated knock-in with CRISPR/Cas9 in rodents. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2016. 91. 6. 361-361
  • Tsuyoshi Koide, Akira Tanave. Genetic variation and expression diversity of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) gene in mouse. INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY. 2016. 19. 53-53
  • Akira Tanave, Tsuyoshi Koide, Kenta Sumiyama, Aki Takahashi. High expression of PACAP gene and the molecular mechanism found in wild-mouse strain showing elevated anxiety-like behavior. INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY. 2016. 19. 53-53
  • Yuki Matsumoto, Tatsuhiko Goto, Hirofumi Nakaoka, Jo Nishino, Akira Tanave, Richard F. Mott, Tsuyoshi Koide. Wild-derived heterogeneous stock mice to find the loci associated with tame behavior. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2014. 89. 6. 314-314
  • Tsuyoshi Koide, Aki Takahashi, Toshihiko Shiroishi, Akira Tanave. Genetic and molecular analyses on mechanisms of the anxiety-like behavior in MSM-B6 consomic strains. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E271-E272
もっと見る
書籍 (2件):
  • 「Medical Science Digest」2019. 8月号
    ニューサイエンス社 2019
  • 生物の科学 遺伝 2010年11月号
    医学書院 2010
Works (2件):
  • マウスの社会行動を自動解析するフリーウェア「DuoMouse」
    2014 -
  • 動物行動の経時的な活動を記録するためのフリーウェア「tanaMove」
    2013 -
学歴 (2件):
  • 2009 - 2014 総合研究大学院大学 遺伝学専攻
  • 2004 - 2008 九州工業大学 生命情報工学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人 理化学研究所 生命システム研究センター 高速ゲノム変異マウス作製研究チーム 研究員
  • 2018/09 - 2020/03 国立研究開発法人 理化学研究所 生命システム研究センター 高速ゲノム変異マウス作製支援ユニット 研究員
  • 2016/04 - 2018/08 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 系統生物研究センター・マウス開発研究室 特任研究員
  • 2014/10 - 2016/03 情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 融合プロジェクト 特任研究員
  • 2009/04 - 2014/09 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 系統生物研究センター・マウス開発研究室 リサーチアシスタント
全件表示
受賞 (8件):
  • 2020/06 - Profes 2020 Summer 優秀発表賞
  • 2019/09 - 33rd International Mammalian Genome Conference Travel Award
  • 2018/11 - Profes 2018 Winter 優秀発表賞
  • 2016/07 - 第46回日本神経精神薬理学会年会 JSNP2016 Excellent Presentation Award
  • 2015/11 - 29th International Mammalian Genome Conference Lorraine Flaherty Award
全件表示
所属学会 (5件):
日本神経精神薬理学会 ,  行動神経内分泌研究会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本実験動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る