研究者
J-GLOBAL ID:202001010080333074   更新日: 2024年01月30日

金 多允

キム ダユン | Kim Dayoon
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究キーワード (2件): スポーツ医学 ,  スポーツ科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2022 - 2025 内反膝における腸脛靭帯炎の発生メカニズムの究明
論文 (6件):
  • Kim, Dayoon, Takemura, Masahiro. 435. Characteristics of genu varum deformity in posture control and muscle activity. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2022. 11. 6. 423
  • Tomita, Kengo, Takemura, Masahiro, Mukai, Naoki, Kim, Dayoon. 430. Comparison of sciatic nerve excursion in legs with previous hamstring strain injury and intact legs. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2022. 11. 6. 422
  • Yook, Jang Soo, Kim, Da Yoon, Choi, Dong Hun, Ha, Min-Seong, Hwang, Yoon Young. Effectiveness of Pilates Training on Body Composition and Isokinetic Muscular Strength in Adolescent Baseball Players. Int. J. Environ. Res. Public Health. 2022
  • 吉田, 一也, 金, 多允, 岡田, 弘隆, 向井, 直樹, 竹村, 雅裕. 大学柔道選手の軽量級と重量級のバランス能力の比較. 日本アスレティックトレーニング学会誌. 2021. 6. Supplement. S33-S33
  • Da Yoon Kim, Shumpei Miyakawa, Takashi Fukuda, Masahiro Takemura. Sex Differences in Iliotibial Band Strain under Different Knee Alignments. PM & R : the journal of injury, function, and rehabilitation. 2020. 12. 5. 479-485
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • ハムストリング肉離れ既往脚と健常脚における坐骨神経滑走性の比較
    (第77回日本体力医学会大会)
  • 内反膝における姿勢制御能力や筋活動の 特徴について
    (第77回日本体力医学会大会)
  • The influence of lower extremity malalignment on running related injury
    (Asian conference on kinesiology)
  • 大学柔道選手の軽量級と重量級のバランス能力の比較
    (第10回日本アスレティックトレーニング学会学術大会 2021)
  • 大学柔道選手の軽量級と重量級のバランス能力の比較
    (日本アスレティックトレーニング学会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2020 筑波大学大学院 スポーツ医学
  • 2014 - 2016 筑波大学大学院 体育学専攻
  • 2007 - 2012 梨花女子大学
経歴 (1件):
  • 2012 - 2013 梨花女子大学 助手
所属学会 (4件):
日本アスレティックトレーニング学会 ,  日本体力医学会 ,  Asia society of kinesiology ,  ヨーロッパスポーツ科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る