研究者
J-GLOBAL ID:202001010263164212   更新日: 2021年10月06日

廖 嘉祈

リョウ カキ | Liu Sheldon
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 思想史 ,  中国哲学、印度哲学、仏教学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 幕末日本における中国忠臣像の思想史的研究:維新変革の朱子学的側面をめぐって
  • 東京大学外国人留学生特別研究奨励費(東大フェローシップ、2018~2019年度)
論文 (1件):
  • 豊田天功『精忠新録』の編集過程:水戸学派の「振気」戦略をめぐって. 日本中国学会報 第七三集. 2021
MISC (3件):
  • 甲斐雄一「陸游詩の自注について」、『日本宋代文學學會報』第六集. (翻訳)甲斐雄一「陸游詩與自注的構造關係」. 新宋學. 2020. 第9輯
  • (新刊紹介)小島毅編『中世日本の王権と禅・宋学』(汲古書院、2018年3月). 『史学雑誌』128編9号. 2019
  • (翻訳)浅見洋二『文本的密碼:社会語境中的宋代文学』第1章〜第3章. 復旦大学出版社. 2017
講演・口頭発表等 (5件):
  • 「除奸」と「殉難」の間-水戸学者・豊田天功と吉田松陰における楊継盛受容-
    (日本思想史学会2021年度大会 2021)
  • Reviving Chinese Loyalism in Bakumatsu Japan: The Late Mito School's Strategies of compiling Seichū Shinroku
    (EAJS2021 2021)
  • 江戸末期の水戸学者における戦略的な出版活動 -豐田天功の岳飛顕彰を中心に-
    (第137回「書物・出版と社会変容」研究会 2020)
  • 大田錦城の『論語』「子欲居九夷」章解釈における中国認識とその周辺
    (成均館大学東洋哲学科BK21プラス事業団東京大学短期研修研究発表会、東京大学、 2019)
  • Evaluation of Violence in the Boshin war: Discourse of Tōhoku Region in Meiji Period
    (北京大学-オーストラリア国立大学-東京大学第四回冬季研究会、歴史・文化・衝突する記憶:地方と世界の視座、オーストラリア国立大学、 2019)
学歴 (4件):
  • 2020 - 現在 東京大学大学院 アジア文化研究専攻 東アジア思想文化専門分野 博士課程
  • 2018 - 2020 東京大学大学院 アジア文化研究専攻 東アジア思想文化専門分野 修士課程
  • 2013 - 2017 北京大学 中国古典文献学専攻
  • 2015 - 2016 大阪大学 中国文学専門分野 特別聴講学生
学位 (2件):
  • 学士(文学) (北京大学)
  • 修士(文学) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 2020/04 - 2023/03 日本学術振興会 特別研究員 DC1
受賞 (1件):
  • 2020/03 - 第八回東京大学大学院人文社会系研究科 研究科長賞
所属学会 (4件):
中国社会文化学会 ,  日本思想史学会 ,  日本中国学会 ,  日本儒教学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る