研究者
J-GLOBAL ID:202001011196117138   更新日: 2024年04月30日

飯田 雄一

イイダ ユウイチ | Iida Yuichi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (6件): 腫瘍診断、治療学 ,  実験動物学 ,  分子生物学 ,  ゲノム生物学 ,  腫瘍生物学 ,  免疫学
研究キーワード (7件): がん免疫療法 ,  免疫チェックポイント阻害療法 ,  免疫応答誘導性がん細胞死 ,  がん細胞老化 ,  腫瘍微小環境 ,  がん免疫 ,  人工染色体ベクター
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2023 - 2026 担がんマウスを用いた新規がん免疫療法の抗腫瘍メカニズム解明
  • 2021 - 2023 他家移植を目指した新規がん免疫細胞療法の確立
  • 2019 - 2021 間葉系幹細胞の腫瘍局所残存性を利用した新規抗がん免疫療法の確立
  • 加齢生体における抗がん免疫力低下の機序の解明とその克服法の確立
論文 (28件):
  • Mohammad Mahbubul Hoque, Yuichi Iida, Hitoshi Kotani, Mamoru Harada. Senolysis of gemcitabine-induced senescent human pancreatic cancer cells. Cancer reports (Hoboken, N.J.). 2024. 7. 4. e2075
  • Mamoru Harada, Hitoshi Kotani, Yuichi Iida, Ryosuke Tanino, Takafumi Minami, Yoshihiro Komohara, Kazuhiro Yoshikawa, Hirotsugu Uemura. Hypoxia-related carbonic anhydrase 9 induces serpinB9 expression in cancer cells and apoptosis in T cells via acidosis. Cancer Science. 2024
  • Kazunari Ishitobi, Hitoshi Kotani, Yuichi Iida, Takahito Taniura, Yoshitomo Notsu, Yoshitsugu Tajima, Mamoru Harada. A modulatory effect of L-arginine supplementation on anticancer effects of chemoimmunotherapy in colon cancer-bearing aged mice. International immunopharmacology. 2022. 113. Pt A. 109423-109423
  • Shotaro Uehara, Yuichi Iida, Miyuki Ida-Tanaka, Motohito Goto, Kenji Kawai, Masafumi Yamamoto, Yuichiro Higuchi, Satoshi Ito, Riichi Takahashi, Hidetaka Kamimura, et al. Humanized liver TK-NOG mice with functional deletion of hepatic murine cytochrome P450s as a model for studying human drug metabolism. Scientific Reports. 2022. 12. 1
  • Akira Koyanagi, Hitoshi Kotani, Yuichi Iida, Ryosuke Tanino, Irna D. Kartika, Koji Kishimoto, Mamoru Harada. Protective roles of cytoplasmic p21Cip1/Waf1 in senolysis and ferroptosis of lung cancer cells. Cell Proliferation. 2022
もっと見る
MISC (9件):
  • Yuichi Iida, Rintaro Yoshikawa, Akihiko Murata, Yumi Matsuzaki, Mamoru Harada. Local deliver of CCL19-expressing mesenchymal stromal cells suppresses the tumor growth via promoting infiltration of immune cells. 第47回日本免疫学会総会. 2018
  • 原田 守, 飯田 雄一, 原嶋 奈々江, 元島 崇信, 菰原 義弘, 江藤 正俊. 異なる担がんマウスにおけるcyclophosphamideと抗CTLA-4療法の対照的な相互作用. 日本癌学会総会記事. 2017. 76回. J-3081
  • 飯田 雄一, 原嶋 奈々江, 元島 崇信, 菰原 義弘, 江藤 正俊, 原田 守. 抗CTLA-4抗体を処理した異なった腫瘍モデルマウスにおけるシクロホスファミド療法の利点と欠点(Pros and cons of cyclophosphamide in anti-CTLA-4 antibody-treated different tumor mouse models). 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集. 2017. 21回. 141-141
  • 原田 守, 飯田 雄一, 元島 崇信, 菰原 義弘, 江藤 正俊. 抗CTLA-4抗体治療担がんマウスにおけるcyclophosphamideの多様な作用. 日本癌学会総会記事. 2016. 75回. E-3056
  • 原田 守, 飯田 雄一, 元島 崇信, 菰原 義弘, 江藤 正俊. 抗CTLA-4抗体治療担がんマウスにおけるcyclophosphamideの多様な作用. 日本癌学会総会記事. 2016. 75回. E-3056
もっと見る
書籍 (3件):
  • 抗体療法(ADCを含む)
    先進医療NAVIGATORがん免疫療法最前線 2023
  • 化学療法により誘導された老化がん細胞は抗がん免疫療法の標的になりやすい
    臨床免疫・アレルギー科 73(1) 2020
  • New Vectors for Gene Delivery: Human and Mouse Aritificial Chromosomes
    eLS 2013
講演・口頭発表等 (8件):
  • Cell therapy using CCL19-expressing syngeneic or allogeneic mesenchymal stromal cells
    (第1回日本がん免疫学会国際がん免疫シンポジウム 2024)
  • Anti-tumor effect of CCL19-expressing allogeneic mesenchymal stromal cells
    (第52回日本免疫学会総会 2024)
  • CCL19発現アロ間葉系細胞の抗腫瘍メカニズムの検討
    (第27回日本がん免疫学会総会 2023)
  • A novel immunotherapy using CCL19-expressing allogeneic mesenchymal stromal cells exert anti-tumor effect by increasing CD103+CD8+T cells
    (第51回日本免疫学会総会 2022)
  • アロCCL19発現同種間葉系細胞の抗腫瘍効果の検討
    (第26回日本がん免疫学会総会 2022)
もっと見る
学位 (1件):
  • 再生医科学 (鳥取大学)
経歴 (2件):
  • 2016/02 - 現在 島根大学医学部免疫学 助教
  • 2014/04 - 2016/01 鳥取大学染色体工学研究センター バイオモデル動物部門 特命助教
委員歴 (1件):
  • 2020/07 - 現在 Frontiers in Oncology Review Editor
受賞 (4件):
  • 2022/08 - 2022年度若手支援技術講習会ベストプレゼンター(口頭発表)賞
  • 2021/03 - 島根大学 医学部若手研究者優秀論文賞
  • 2019/09 - 島根大学 若手研究者表彰
  • 2019/03 - 島根大学 医学部若手研究者優秀論文賞
所属学会 (3件):
日本免疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本がん免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る