研究者
J-GLOBAL ID:202001011316830216   更新日: 2021年09月02日

岳元 裕臣

タケモト ユウシン | Takemoto Yushin
所属機関・部署:
職名: 特定研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • ロマリンダ大学 神経科学研究センター  客員研究員
論文 (17件):
  • Kenyu Hayashi, Yu Hasegawa, Yushin Takemoto, Cheng Cao, Akitake Mukasa, Shokei Kim-Mitsuyama. Enhanced oxidative stress contributes to worse prognosis and delayed neurofunctional recovery after striatal intracerebral hemorrhage in 5XFAD mice. The European journal of neuroscience. 2020. 51. 8. 1806-1814
  • Yushin Takemoto, Takayuki Kawano, Yuki Ohmori, Yasuyuki Kaku, Ken Uekawa, Toshihiro Amadatsu, Kenyu Hayashi, Mika Kitajima, Akitake Mukasa. Hemodynamic study about cortical hyperintensity belt sign after direct bypass surgery for moyamoya disease. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2020. 74. 124-129
  • Yushin Takemoto, Yu Hasegawa, Kenyu Hayashi, Cheng Cao, Tadashi Hamasaki, Takayuki Kawano, Akitake Mukasa, Shokei Kim-Mitsuyama. The Stabilization of Central Sympathetic Nerve Activation by Renal Denervation Prevents Cerebral Vasospasm after Subarachnoid Hemorrhage in Rats. Translational stroke research. 2019
  • Kenyu Hayashi, Ken Uekawa, Takayuki Kawano, Yuki Ohmori, Toshihiro Amadatsu, Yushin Takemoto, Akitake Mukasa. Cortical Venous Reddening Predicts Remote Cerebral Infarction Post Superficial Temporal Artery-Middle Cerebral Artery Bypass in Atherosclerotic Occlusive Cerebrovascular Disease. World neurosurgery. 2019. 127. e864-e872
  • Yushin Takemoto, Yu Hasegawa, Akihito Hashiguchi, Koichi Moroki, Hajime Tokuda, Akitake Mukasa. Predictors for Functional Outcome in Patients with Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage Who Completed In-Hospital Rehabilitation in a Single Institution. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2019. 28. 7. 1943-1950
もっと見る
MISC (32件):
  • 岳元 裕臣, 長谷川 雄, 林 建佑, 曹 成, 武笠 晃丈, 光山 勝慶. ラット脳卒中モデルにおける腎除神経術の脳保護効果. 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2019. 42回. 240-240
  • 林 建佑, 長谷川 雄, 岳元 裕臣, 光山 勝慶. アルツハイマー病モデルマウスに対するアセタゾラミドの脳アミロイド沈着と認知機能への影響の検討. 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2019. 19回. 219-219
  • 長谷川 雄, 岳元 裕臣, 林 建佑, 光山 勝慶. スパズム発症に関与するレニンアンギオテンシン系の活性化. 脳血管攣縮. 2019. 34. 1-5
  • 岳元 裕臣, 橋口 昭人, 長谷川 雄, 諸木 浩一, 徳田 元, 武笠 晃丈. 単一施設の最近10年間における症候性脳血管攣縮の発生率とその予防薬についての後方視的解析. 脳血管攣縮. 2019. 34. 10-14
  • 岳元 裕臣, 長谷川 雄, 林 建佑, 武笠 晃丈, 光山 勝慶. 腎除神経術はJNKを不活化しラットくも膜下出血後の脳血管攣縮を軽減する. 脳血管攣縮. 2019. 34. 53-53
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (熊本大学)
受賞 (1件):
  • 2020/11 - 日本脳循環代謝学会 第4回日本脳循環代謝学会賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る