研究者
J-GLOBAL ID:202001011425278710   更新日: 2021年10月25日

田中 公教

タナカ トモノリ | Tanaka Tomonori
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
研究分野 (1件): 地球生命科学
研究キーワード (4件): 古脊椎動物学 ,  水生適応 ,  系統学 ,  古鳥類学
論文 (7件):
  • Kohei Tanaka, Darla K. Zelenitsky, François Therrien, Tadahiro Ikeda, Katsuhiro Kubota, Haruo Saegusa, Tomonori Tanaka, Kenji Ikuno. Exceptionally small theropod eggs from the Lower Cretaceous Ohyamashimo Formation of Tamba, Hyogo Prefecture, Japan. Cretaceous Research. 2020. 114
  • Tomonori Tanaka, Yoshitsugu Kobayashi, Kenji Ikuno, Tadahiro Ikeda, Haruo Saegusa. A marine hesperornithiform (Avialae: Ornithuromorpha) from the Maastrichtian of Japan: Implications for the paleoecological diversity of the earliest diving birds in the end of the Cretaceous. Cretaceous Research. 2020. 113
  • Anthony R. Fiorillo, Yoshitsugu Kobayashi, Paul J. McCarthy, Tomonori Tanaka, Ronald S. Tykoski, Yuong Nam Lee, Ryuji Takasaki, Junki Yoshida. Dinosaur ichnology and sedimentology of the chignik formation (Upper Cretaceous), Aniakchak national monument, Southwestern Alaska; Further insights on habitat preferences of high-latitude hadrosaurs. PLoS ONE. 2019. 14. 10
  • Anthony R. Fiorillo, Paul J. McCarthy, Yoshitsugu Kobayashi, Carla S. Tomsich, Ronald S. Tykoski, Yuong Nam Lee, Tomonori Tanaka, Christopher R. Noto. An unusual association of hadrosaur and therizinosaur tracks within Late Cretaceous rocks of Denali National Park, Alaska. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Tomonori Tanaka, Yoshitsugu Kobayashi, Ken'ichi Kurihara, Anthony R. Fiorillo, Manabu Kano. The oldest Asian hesperornithiform from the Upper Cretaceous of Japan, and the phylogenetic reassessment of Hesperornithiformes. Journal of Systematic Palaeontology. 2018. 16. 8. 689-709
もっと見る
MISC (8件):
  • 田中 公教, 小林 快次. ヘスペロルニス目:白亜紀の潜水鳥類の起源と進化. 日本鳥学会誌. 2018. 67. 1. 57-68
  • 田中 公教, 安藤 卓人, 増田 彩乃, 三嶋 渉, 岩波 連, 山下 俊介, 山本 順司. 異分野展示の融合 : 天体シミュレーターソフトウェアを用いた宇宙展示は異分野融合の架け橋となるか?. 博物館学雑誌 = The journal of the Museological Society of Japan. 2017. 43. 1. 59-76
  • 三嶋渉, 山本順司, 在田一則, 加藤義典, 田中公教, 鳥本淳司, 高畑幸平, 日下葵, 寺西辰郎. 凍結融解による岩石の風化を理解させるためのモデル実験におけるモルタルの利用可能性. 地学教育. 2017. 70. 1. 15-22
  • 山本順司, 徳永彩未, 田中公教, 高畑幸平, 田島貴祐, 三嶋渉. 級化組織の形成機構を理解するための教材開発-媒体の粘性による影響を体感する. 地学教育. 2017. 70. 1. 31-41
  • 田中 公教, 三嶋 渉, 高畑 幸平, 榊山 匠, 山本 順司. 天文シミュレーターMitakaを用いたプログラム公演と大学博物館展示との連携:化石展示との連携を事例として. 地学教育. 2016. 68. 3. 145-153
もっと見る
書籍 (3件):
  • 時間軸で探る日本の鳥-復元生態学の礎
    築地書館 2021
  • 古生物食堂
    技術評論社 2019
  • 北大古生物学の巨人たち
    北海道大学出版会 2017
講演・口頭発表等 (31件):
  • A hesperornithiform from the Upper Cretaceous Nemegt Formation in the Gobi Desert of southwest Mongolia: implications for paleoecology of inland hesperornithiforms
    (Society of Vertebrate Paleontology Annual Meeting 2021)
  • A hesperornithiform (Avialae: Ornithuromorpha) from the Upper Cretaceous Nemegt Formation (lower Maastrichtian) in Mongolia
    (Canadian Society of Vertebrate Paleontology 2021)
  • Osteological histology of the Cretaceous seabird Pasquiaornis (Avialae, Hesperornithiformes): implications for the flight ability of the basal hesperornithiforms
    (North Eastern Natural History Conference 2021)
  • 兵庫県丹波市の下部白亜系篠山層群から発見されたオオトカゲ類化石
    (日本古生物学会 2020)
  • 兵庫県丹波市から発見された獣脚類恐竜の卵・卵殻化石
    (日本古生物学会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2020 北海道大学 自然史科学専攻
  • 2011 - 2014 北海道大学 自然史科学専攻
  • 2007 - 2011 信州大学 地質学科
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 丹波市立丹波竜化石工房 教育普及専門員
  • 2018 - 現在 兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 客員研究員
  • 2018/04 - 2020/03 兵庫県立人と自然の博物館 地球科学研究グループ 恐竜化石総合ディレクター
所属学会 (3件):
Society of Avian Paleontology and Evolution ,  日本古生物学会 ,  Society of Vertebrate Paleontology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る