研究者
J-GLOBAL ID:202001011621811671   更新日: 2020年10月21日

田中 和哉

タナカ カズヤ | Tanaka Kazuya
所属機関・部署:
職名: リサーチ・フェロー
論文 (5件):
  • Kazuya Tanaka, Riku Arakawa, Yasuaki Kameoka, Ichiro Sakata. Recategorizing interdisciplinary articles using natural language processing and machine/deep learning. PICMET 2018 - Portland International Conference on Management of Engineering and Technology: Managing Technological Entrepreneurship: The Engine for Economic Growth, Proceedings. 2018
  • Kazuya Tanaka, Ichiro Sakata. New science and technology policy evaluation using bibliometric approach. PICMET 2017 - Portland International Conference on Management of Engineering and Technology: Technology Management for the Interconnected World, Proceedings. 2017. 2017-January. 1-5
  • Kazuya Tanaka, Ichiro Sakata. New bibliometric analysis of research institutions network. PICMET 2016 - Portland International Conference on Management of Engineering and Technology: Technology Management For Social Innovation, Proceedings. 2017. 429-439
  • Kazuya Tanaka, Ichiro Sakata. Researcher qualitative change by governmental support in Japan. IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management. 2016. 2016-December. 1800-1803
  • Kazuya Tanaka, Ichiro Sakata. Top researcher change by governmental support in Japan. Portland International Conference on Management of Engineering and Technology. 2015. 2015-September. 159-165
MISC (14件):
  • 小野 悠, 岸村 顕広, 新福 洋子, 田中 和哉, 中澤 高志, 埴淵 知哉, 馬奈木 俊介. ポストコロナ時代を展望した地域社会と科学の関係 : わたしたちはいま何を考え、この時代にどう向き合おうとしているのか (特集 若手科学者が考える「地域社会」と「科学」の幸せな関係). 学術の動向 = Trends in the sciences. 2020. 25. 8. 52-62
  • 新福 洋子, 岸村 顕広, 中澤 高志, 中西 和嘉, 西嶋 一欽, 安田 仁奈, 寺田 佐恵子, 小野 悠, 田中 和哉. 大学の国際化について地域活性化と共に考える (特集 若手科学者が考える「地域社会」と「科学」の幸せな関係). 学術の動向 = Trends in the sciences. 2020. 25. 8. 42-51
  • 田中 和哉. 国際・スタートアップの観点から考える科学技術と地域のあり方、その中での若手研究者の役割 (特集 若手科学者が考える「地域社会」と「科学」の幸せな関係). 学術の動向 = Trends in the sciences. 2020. 25. 8. 28-32
  • 福田 幸二, 馬奈木 俊介, 岸村 顕広, 松中 学, 田中 和哉. AIを活用した政策提言. 学術の動向 = Trends in the sciences. 2020. 25. 2. 66-96
  • 福田 幸二, 馬奈木 俊介, 岸村 顕広, 松中 学, 田中 和哉. AIを活用した政策提言. 学術の動向. 2020. 25. 2. 2_66-2_96
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士 (東京大学)
  • 学士 (東京理科大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る