研究者
J-GLOBAL ID:202001011845798549   更新日: 2021年09月05日

野崎 康平

ノザキ コウヘイ | Nozaki Kohei
所属機関・部署:
職名: 理学療法士
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (4件): 瞳孔 ,  フレイル ,  自律神経 ,  心臓リハビリテーション
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2023 心不全における新たな自律神経機能評価方法としての瞳孔対光反応の有用性の検証
論文 (41件):
  • Naoya Yanagi, Tomotaka Koike, Kentaro Kamiya, Nobuaki Hamazaki, Kohei Nozaki, Takafumi Ichikawa, Atsuhiko Matsunaga, Masayuki Kuroiwa, Masayasu Arai. Assessment of Sarcopenia in the Intensive Care Unit and 1-Year Mortality in Survivors of Critical Illness. Nutrients. 2021. 13. 8
  • Kensuke Ueno, Kentaro Kamiya, Nobuaki Hamazaki, Kohei Nozaki, Takafumi Ichikawa, Masashi Yamashita, Shota Uchida, Masashi Kawabata, Emi Maekawa, Minako Yamaoka-Tojo, et al. Usefulness of physical function sub-item of SF-36 survey to predict exercise intolerance in patients with heart failure. European journal of cardiovascular nursing : journal of the Working Group on Cardiovascular Nursing of the European Society of Cardiology. 2021
  • Nobuaki Hamazaki, Kentaro Kamiya, Kohei Nozaki, Naoya Yanagi, Takafumi Ichikawa, Ryota Matsuzawa, Takeshi Nakamura, Masashi Yamashita, Shota Uchida, Teppei Saito, et al. Clinical usefulness of oxygen uptake during usual gait in patients with cardiovascular disease. International journal of cardiology. 2021. 335. 118-122
  • Tetsuya Ozawa, Masashi Yamashita, Satoshi Seino, Kentaro Kamiya, Nobuyuki Kagiyama, Masaaki Konishi, Hiroshi Saito, Kazuya Saito, Yuki Ogasahara, Emi Maekawa, et al. Standardized gait speed ratio in elderly patients with heart failure. ESC heart failure. 2021
  • Masashi Yamashita, Kentaro Kamiya, Atsuhiko Matsunaga, Tadashi Kitamura, Nobuaki Hamazaki, Kohei Nozaki, Takafumi Ichikawa, Emi Maekawa, Kentaro Meguro, Minako Yamaoka-Tojo, et al. Low skeletal muscle density combined with muscle dysfunction predicts adverse events after adult cardiovascular surgery. Nutrition, metabolism, and cardiovascular diseases : NMCD. 2021. 31. 6. 1782-1790
もっと見る
MISC (42件):
  • 柳尚弥, 神谷健太郎, 神谷健太郎, 濱崎伸明, 野崎康平, 市川貴文, 小池朋孝, 前川恵美, 新井正康, 松永篤彦, et al. 重症患者における集中治療後症候群(PICS)の発生は生命予後のリスク層別化に有用である. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2020. 47th. Suppl. 507-507
  • Naoya Yanagi, Kentaro Kamiya, Nobuaki Hamazaki, Kohei Nozaki, Takahumi Ichikawa, Takeshi Nakamura, Masashi Yamashita, Emi Maekawa, Tomotaka Koike, Minako Yamaoka-Tojo, et al. YPOST-INTENSIVE CARE SYNDROME AS A PREDICTOR OF MORTALITY IN CRITICALLY ILL PATIENTS. CRITICAL CARE MEDICINE. 2020. 48
  • 内田 翔太, 神谷 健太郎, 濱崎 伸明, 松沢 良太, 野崎 康平, 市川 貴文, 前川 恵美, 東條 美奈子, 松永 篤彦, 増田 卓, et al. 虚血性心疾患患者における肥満とダイナペニアが生命予後へ及ぼす影響. 日本循環器学会学術集会抄録集. 2019. 83回. CO2-1
  • 会田 慶太, 神谷 健太郎, 濱崎 伸明, 松沢 良太, 野崎 康平, 市川 貴文, 前川 恵美, 東條 美奈子, 松永 篤彦, 増田 卓, et al. 心血管疾患患者においてJ-CHS基準によるフレイル評価は予後予測に有用か否か. 日本循環器学会学術集会抄録集. 2019. 83回. CP18-6
  • 古小高 純章, 神谷 健太郎, 濱崎 伸明, 松沢 良太, 野崎 康平, 市川 貴文, 前川 恵美, 東條 美奈子, 松永 篤彦, 増田 卓, et al. 新たな低栄養の国際統一基準は心疾患患者の予後予測に有用である. 日本循環器学会学術集会抄録集. 2019. 83回. CP22-1
もっと見る
書籍 (3件):
  • 極める循環器理学療法 : 循環器病を有する患者の障害像に挑む
    文光堂 2020 ISBN:9784830645822
  • 循環器リハビリテーションの理論と技術
    メジカルビュー社 2020 ISBN:9784758319423
  • 運動療法エビデンスレビュー : 臨床・研究に役立つ評価指標・基準値・介入のエビデンスをこの一冊に凝縮
    文光堂 2018 ISBN:9784830645655
学歴 (2件):
  • 2012 - 2014 北里大学大学院
  • 2008 - 2012 北里大学
経歴 (1件):
  • 2014/04 - 現在 北里大学病院 リハビリテーション部
受賞 (4件):
  • 2019/10 - 第23回日本心不全学会 Young Investigator Award 最優秀賞 (ハートチーム)
  • 2019/08 - 第25回日本心臓リハビリテーション学会 優秀演題賞
  • 2017/07 - 第23回日本心臓リハビリテーション学会 Young Investigator Award 最優秀賞
  • 2017/02 - 第1回日本心臓リハビリテーション学会関東甲信越地方会 最優秀賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る