研究者
J-GLOBAL ID:202001012173468967   更新日: 2021年07月30日

山根 達郎

ヤマネ タツロウ | Yamane Tatsuro
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程
研究分野 (1件): 構造工学、地震工学
研究キーワード (3件): 橋梁工学 ,  維持管理 ,  構造工学
論文 (25件):
  • Tatsuro Yamane, Yuya Ueno, Kazuki Kanai, Shota Izumi, Pang-jo Chun. REFLECTION OF THE POSITION OF CRACKS IN A 3-D MODEL OF A BRIDGE USING SEMANTIC SEGMENTATION. Intelligence, Informatics and Infrastructure. 2021. 2. 1. 11-17
  • Tatsuro Yamane, Pang-jo Chun, Riki Honda. EXTRACTING TEXTUAL INFORMATION FROM BRIDGE INSPECTION RECORDS USING DEEP LEARNING. Intelligence, Informatics and Infrastructure. 2021. 2. 1. 18-25
  • 山根達郎, 全邦釘, 渡部達也. Deep Learning による橋梁撮影画像からの損傷状況説明文の自動生成. 土木学会論文集F3. 2021. 77. 2. I_40-I_50
  • Shogo Hayashi, Koichi Kawanishi, Tatsuro Yamane, Shota Izumi, Isao Ujike, Pang-jo Chun. Infrared image-analysis-based concrete inspection using machine learning. Bridge Maintenance, Safety, Management, Life-Cycle Sustainability and Innovations. 2021. 320-325
  • Pang-jo Chun, Tatsuro Yamane, Yukino Tsuzuki. Automatic Detection of Cracks in Asphalt Pavement Using Deep Learning to Overcome Weaknesses in Images and GIS Visualization. Applied Sciences. 2021. 11. 3. 892
もっと見る
MISC (1件):
  • 山根達郎. AI入門講座(3)-AIの出力した結果を評価・活用しよう-. 土木学会誌. 2021. 106. 1. 26-27
講演・口頭発表等 (20件):
  • SfM の活用による橋梁撮影画像からの損傷箇所の3次元位置推定
    (第24回応用力学シンポジウム 2021)
  • Deep Learningによる橋梁撮影画像からの損傷状況説明文の自動生成
    (第45回土木情報学シンポジウム 2020)
  • 3次元モデルを活用した橋梁維持管理に関する既往研究と今後の課題
    (第2回i-Constructionの推進に関するシンポジウム 2020)
  • 腐食進展を考慮した鋼トラス橋の全橋解析による耐荷力低下予測に関する基礎研究
    (第72回土木学会中国支部研究発表会 2020)
  • 機械学習による橋梁撮影画像からの損傷状況および損傷原因の推定
    (第26回土木学会四国支部技術研究発表会 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2020 - 現在 東京大学 国際協力学専攻
  • 2018 - 2020 愛媛大学 生産環境工学専攻
  • 2016 - 2018 徳山工業高等専門学校 環境建設工学専攻
  • 2011 - 2016 徳山工業高等専門学校 土木建築工学科
学位 (1件):
  • 修士(工学) (愛媛大学)
受賞 (7件):
  • 2021 - 土木学会 土木情報学委員会 土木情報学論文奨励賞 Deep Learningによる橋梁撮影画像からの損傷状況説明文の自動生成
  • 2020/11 - 土木学会 構造工学委員会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会 AI・データサイエンス奨励賞 苦手タイプ改善型ディープラーニングを用いたアスファルト舗装のひび割れ自動検出
  • 2020/11 - 土木学会 構造工学委員会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会 AI・データサイエンス論文賞 Semantic Segmentationを用いた橋梁3次元モデルへのひび割れ位置の反映
  • 2019/04 - 土木学会 構造工学委員会 第65回構造工学シンポジウム優秀講演賞
  • 2018/08 - 土木学会 土木学会第73回年次学術講演会 優秀講演者表彰
全件表示
所属学会 (1件):
土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る