研究者
J-GLOBAL ID:202001012375805639   更新日: 2022年06月30日

鈴木 栄男

Suzuki Takao
論文 (92件):
  • Spin Fluctuating ground state in the Spin-1/2 Kagome Lattice (Rb1-xCsx)2Cu3SnF12 with x = 0.53 Observed by Muon Spin Relaxation. 2020. 89. 074701-1-074701-5
  • Spin Fluctuations in the Spin-1/2 Kagome Lattice Antiferromagnet (Rb1-xCsx)2Cu3SnF12 around the Quantum Critical Point Detected by Muon Spin Relaxation Technique. 2018. 87. 074708-1-074708-6
  • μSR study on quantum spin system NH4CuCl3. 2015. 551. 012007-1-012007-5
  • Nondestructive Elemental Depth-Pro ling Analysis by Muonic X-ray Measurement. 2015. 87. 4597-4600
  • Disappearance of Gapped Mott Insulating Phase Neighboring Bose Glass Phase in Tl1-xKxCuCl3 Detected by Longitudinal-field Muon Spin Relaxation. 2014. 83. 084703-1-084703-5
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 量子スピン系Tl(Cu1-xMgx)Cl3 (x = 0.015)における圧力下ミュオン実験II
    (大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 2010)
  • 量子スピン系Tl1-xKxCuCl3 ( 0.40 < x < 0.65)におけるミュオンスピン緩和から見た低エネルギー磁気励起
    (岡山大学津島キャンパス 2010)
  • 量子スピン系Tl(Cu1-xMgx)Cl3 (x = 0.015)における圧力下ミュオン実験
    (熊本大学黒髪キャンパス 2009)
  • 量子スピン系Tl1-xKxCuCl3 (x = 0.20, 0.44, 0.58) におけるミュオンスピン緩和( SR)測定
    (岩手大学上田キャンパス 2008)
  • Bond-randomness effect on the quantum spin system Tl1-xKxCuCl3 probed by muon-spin-relaxation method
    (2008)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1988 - 1992 東北大学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る