研究者
J-GLOBAL ID:202001012387961091   更新日: 2024年05月14日

古賀 賀恵

コガ ノリエ | Koga Norie
所属機関・部署:
職名: 特任研究補助員
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
研究分野 (4件): 神経科学一般 ,  精神神経科学 ,  認知科学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (1件): 精神腫瘍学、精神疾患、ストレス、自律神経機能、内分泌、免疫、遺伝子、栄養、認知、発達
論文 (18件):
  • Norie Koga, Yoko Komatsu, Ryo Shinozaki, Ikki Ishida, Yusuke Shimizu, Sonoko Ishimaru, Hiroshi Kunugi. Simultaneous monitoring of activity and heart rate variability in depressed patients: A pilot study using a wearable monitor for 3 consecutive days. Neuropsychopharmacology Reports. 2022. 42. 4. 457-467
  • 古賀 賀恵, 小倉 淳, 吉田 冬子, 服部 功太郎, 堀 弘明, 相澤 恵美子, 石田 一希, 功刀 浩. 双極性障害におけるPUFAと炎症・FADS遺伝子・食生活との検討. 日本病態栄養学会誌. 2020. 23. Suppl. S-129
  • Norie Koga, Jun Ogura, Fuyuko Yoshida, Kotaro Hattori, Hiroaki Hori, Emiko Aizawa, Ikki Ishida, Hiroshi Kunugi. Altered polyunsaturated fatty acid levels in relation to proinflammatory cytokines, fatty acid desaturase genotype, and diet in bipolar disorder. Translational Psychiatry. 2019. 9. 1. 208-208
  • Emiko Aizawa, Miho Ota, kki Ishida, Norie Koga, Kotaro Hattori, Shinji Sato, Takashi Asada, Hiroshi Kunugi. Eicosapentaenoic Acid Intake Associated with Reduced Risk of Posttraumatic Stress Disorder After the Great East Japan Earthquake and Tsunami. Intech Open. 2019
  • Hiroaki Hori, Toshiya Teraishi, Anna Nagashima, Norie Koga, Miho Ota, Kotaro Hattori, Yoshiharu Kim, Teruhiko Higuchi, Hiroshi Kunugi. A personality-based latent class typology of outpatients with major depressive disorder: association with symptomatology, prescription pattern and social function. Journal of Affective Disorders. 2017. 217. 8-15
もっと見る
MISC (2件):
  • 三島和夫, 肥田昌子, 亀井雄一, 功刀浩, 栗山健一, 古澤嘉彦, 元村祐貴, 北村真吾, 堀弘明, 古賀賀恵, et al. 睡眠医療プラットフォームPASMを用いて実施する臨床研究 ネットワーク,運用システム,リソースの構築に関する研究. 精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成26年度. 2015. 172-194
  • 村木 悦子, 佐藤 晋爾, 石田 一希, 古賀 賀恵, 太田 深秀, 服部 功太郎, 朝田 隆, 功刀 浩. 被災地における軽度認知症と食事摂取量に関する予備的検討. 日本早期認知症学会プログラム・抄録集. 2012. 13回. 115-115
書籍 (3件):
  • 「特別論文」認知機能低下研究においては栄養素レベルを考慮するべきである栄養学レビュー
    ILSI JAPAN(Nutrition Reviews 日本語版) 2015
  • Functional Food-機能性食品の基礎から臨床へ:特集食品と疾病うつ病とクルクミン
    フジメディカル出版 2015
  • うつ病の精神栄養学.「気分障害の薬理・生化学~うつ病の脳内メカニズム研究:進捗と挑戦~」
    医薬ジャーナル社 2012
講演・口頭発表等 (8件):
  • 職場におけるうつ状態と自律神経系機能の検討ーメンタルヘルスの観点からー
    (第43回日本生物学的精神医学会 2021)
  • 気分障害患者における自律神経系機能の検討
    (第17回日本うつ病学会 2021)
  • ウェアラブルモニタを用いたうつ状態の心拍変動と活動量-活動/睡眠時間帯別の検討-
    (第116回日本精神神経学会.仙台 2020)
  • Relationships between Polyunsaturated Fatty Acid(PUFA),inflammation,and FADS gene polymorphisms in Bipolar Disorder (BD).
    (14th World Congress of Biological Psychiatry Vancouver,Canada 2019)
  • 双極性障害におけるPUFAと炎症・FADS遺伝子・食生活との関連
    (第73回日本栄養・食糧学会 静岡 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医科学) (山梨大学)
経歴 (11件):
  • 2024/05 - 現在 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策研究所 サバイバーシップ研究部支持・緩和・心のケア研究室 特任研究補助員
  • 2024/04 - 現在 帝京科学大学総合教育センター 非常勤講師
  • 2024/04 - 現在 新渡戸文化短期大学食物栄養学科 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 東京福祉大学心理学部心理学科 非常勤講師
  • 2022/10 - 2024/03 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 生命倫理研究室 研究員
全件表示
所属学会 (5件):
日本認知心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本臨床倫理学会 ,  日本うつ病学会 ,  日本生物学的精神医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る