研究者
J-GLOBAL ID:202001012420865850   更新日: 2021年09月06日

海塩 渉

ウミシオ ワタル | Umishio Wataru
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://search.star.titech.ac.jp/titech-ss/pursuer.act?event=outside&key_t2r2Rid=CTT100820820&lang=jp
研究分野 (1件): 建築環境、建築設備
研究キーワード (6件): 温熱環境 ,  疫学 ,  循環器疾患 ,  血圧 ,  健康 ,  住宅
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2026 住まいでの個別化予防に向けた血圧予測AIに関する研究
  • 2020 - 2022 住宅の温熱環境・空気質が血圧・肺活量に与える影響に関するフィールド調査
論文 (12件):
  • Wataru Umishio, Naoki Kagi, Ryo Asaoka, Motoya Hayashi, Takao Sawachi, Takahiro Ueno. Work productivity in the office and at home during the COVID-19 pandemic: A cross-sectional analysis of office workers in Japan. Indoor Air. 2021
  • Wataru Umishio, Toshiharu Ikaga, Kazuomi Kario, Yoshihisa Fujino, Masaru Suzuki, Shintaro Ando, Tanji Hoshi, Takesumi Yoshimura, Hiroshi Yoshino, Shuzo Murakami. Impact of indoor temperature instability on diurnal and day-by-day variability of home blood pressure in winter: a nationwide Smart Wellness Housing survey in Japan. Hypertension Research. 2021
  • Wataru Umishio, Toshiharu Ikaga, Kazuomi Kario, Yoshihisa Fujino, Tanji Hoshi, Shintaro Ando, Masaru Suzuki, Takesumi Yoshimura, Hiroshi Yoshino, Shuzo Murakami. Intervention study of the effect of insulation retrofitting on home blood pressure in winter: a nationwide Smart Wellness Housing survey. Journal of hypertension. 2020. 38. 12. 2510-2518
  • Tomohiro Ishimaru, Shintaro Ando, Wataru Umishio, Tatsuhiko Kubo, Shuzo Murakami, Yoshihisa Fujino, Toshiharu Ikaga. Impact of Cold Indoor Temperatures on Overactive Bladder: A Nationwide Epidemiological Study in Japan. Urology. 2020. 145. 60-65
  • Wataru Umishio, Toshiharu Ikaga, Yoshihisa Fujino, Shintaro Ando, Tatsuhiko Kubo, Yukie Nakajima, Tanji Hoshi, Masaru Suzuki, Kazuomi Kario, Takesumi Yoshimura, et al. Disparities of indoor temperature in winter: A cross-sectional analysis of the Nationwide Smart Wellness Housing Survey in Japan. Indoor Air. 2020. 30. 6. 1317-1328
もっと見る
MISC (54件):
  • 鈴木 雄介, 伊香賀 俊治, 藤野 善久, 四方路 慶樹, 平岡 雅哉, 佐藤 正章, 権藤 尚, 海塩 渉, 関 紅美花. 40012 実態調査に基づくオフィス環境が心身の健康と知的生産性に及ぼす影響の検証 (第1 報)実態調査の概要. 環境工学I. 2018. 2018. 23-24
  • 四方路 慶樹, 伊香賀 俊治, 藤野 善久, 平岡 雅哉, 佐藤 正章, 鈴木 雄介, 権藤 尚, 海塩 渉, 関 紅美花. 40013 実態調査に基づくオフィス環境が心身の健康と知的生産性に及ぼす影響の検証 (第2報)オフィス環境が心身の健康と知的生産性に及ぼす影響. 環境工学I. 2018. 2018. 25-26
  • 権藤 尚, 鈴木 雄介, 海塩 渉, 平岡 雅哉, 佐藤 正章, 伊香賀 俊治, 四方路 慶樹, 関 紅美花. 40014 実態調査に基づくオフィス環境が心身の健康と知的生産性に及ぼす影響の検証 第3報 アンケート調査と生理量実測結果の関連. 環境工学I. 2018. 2018. 27-28
  • 海塩 渉, 伊香賀 俊治, 村上 周三, 苅尾 七臣, 藤野 善久, 星 旦二, 鈴木 昌, 安藤 真太朗. 40024 起床時収縮期血圧と室温のマルチレベル分析 住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査(その8). 環境工学I. 2018. 2018. 57-58
  • 海塩 渉. 家庭血圧と室温 (特集 スマートウェルネス住宅等推進調査事業の成果と今後の展望) -- (スマートウェルネス住宅等推進調査事業から見えた住宅の断熱化と居住者の健康への影響). IBEC : 建築環境・省エネルギー情報. 2018. 39. 1. 19-26
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 40024 起床時収縮期血圧と室温のマルチレベル分析 住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査(その8)
    (環境工学I 2018)
  • 40020 ベースライン調査時点の家庭血圧と室温の関係 住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 その3
    (環境工学I 2017)
  • 41176 高断熱住宅転居前後における居住者の血圧・睡眠・体温の変化に関する実測調査(その2) : 室温と家庭血圧の変化(室内温熱環境と血圧(2),環境工学II,学術講演会・建築デザイン発表会)
    (環境工学II 2015)
  • 40057 冬季実測に基づく室内温熱環境が24時間血圧変動に及ぼす影響(快適性・受容性評価,環境工学I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    (環境工学I 2014)
  • 4018 住宅内温熱環境が早朝高血圧に及ぼす影響に関する冬季実測(環境工学)
    (日本建築学会関東支部研究報告集 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 慶應義塾大学 開放環境科学専攻
  • 2013 - 2015 慶應義塾大学 開放環境科学専攻
  • 2009 - 2013 慶應義塾大学 システムデザイン工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶應義塾大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 東京工業大学 環境・社会理工学院 助教
  • 2019/07 - 現在 慶應義塾大学 理工学部 共同研究員
  • 2015/04 - 2020/03 鹿島建設株式会社 建築設計本部 設備設計統括グループ
委員歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 一般社団法人日本サステナブル建築協会 SDGs-SWH 温湿度基準案検討部会 委員
  • 2020 - 現在 日本建築学会 環境工学委員会 空気環境運営委員会 感染伝播と空気質WG 委員
  • 2020 - 現在 日本建築学会関東支部 環境工学専門研究委員会 委員
  • 2020 - 現在 一般財団法人建築環境・省エネルギー機構 ポストCOVID-19における空調・換気・通風計画のあり方検討委員会 委員
  • 2020 - 現在 一般社団法人日本サステナブル建築協会 SDGs-SWH 評価ツール開発部会 委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018/05 - Pulse of Asia 2018 Excellent Presentation Award Impact of Indoor Temperature on Morning Home Blood Pressure in Winter: Baseline Data from a Non-Randomized Controlled Trial in Japan
  • 2018/01 - 一般社団法人 日本建築学会 若手優秀発表賞 ベースライン調査時点の家庭血圧と室温の関係 住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査(その3)
  • 2015/09 - 一般社団法人 日本建築学会 優秀修士論文賞 冬季の住宅内温熱環境改善による血圧・血圧変動抑制効果
  • 2014/03 - 一般社団法人 日本建築学会 関東支部 若手優秀研究報告賞 住宅内温熱環境が早朝高血圧に及ぼす影響に関する冬季実測
  • 2013/10 - 空気調和・衛生工学会 優秀講演奨励賞 住宅内温熱環境が居住者の起床時家庭血圧に与える影響の冬季現地調査
全件表示
所属学会 (5件):
日本公衆衛生学会 ,  American Heart Association ,  日本高血圧学会 ,  空気調和・衛生工学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る