研究者
J-GLOBAL ID:202001012649579282   更新日: 2021年09月15日

宮川 和晃

宮川 和晃 | Miyagawa Kazuaki
所属機関・部署:
職名: 医員
研究分野 (3件): 腫瘍生物学 ,  病態医化学 ,  外科系歯学
研究キーワード (5件): 三次元解析 ,  口腔がん ,  骨細胞 ,  破骨細胞 ,  骨代謝学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2022 口腔扁平上皮癌の骨破壊における癌一間質相互作用
  • 2017 - 2020 骨吸収抑制薬による骨細胞からのSclerostin産生亢進機序とその意義
  • 2016 - 2020 味覚・嗅覚の感覚入力による口腔機能の出力制御メカニズムの解明
  • 2016 - 2020 腫瘍による顎骨吸収の分子機序:RANKL遺伝子発現調節を軸とした解析
  • 2014 - 2018 骨吸収阻害薬により惹起される顎骨壊死の分子機構-骨細胞・骨芽細胞の関与について-
全件表示
論文 (18件):
  • 宮川 和晃, 田中 晋, 廣石 幸恵, 松下 豊, 古郷 幹彦. 二次出版 歯科用コーンビームCT(CBCT)を用いた顎裂部骨移植術後の骨微細構造の評価 採骨部位の違いとβ-リン酸三カルシウムの適用による影響. 日本口腔外科学会雑誌. 2020. 66. 12. 660-668
  • Yuki Nagata, Kazuaki Miyagawa, Yasuhisa Ohata, Daniela N Petrusca, Gabriel M Pagnotti, Khalid S Mohammad, Theresa A Guise, Jolene J Windle, G David Roodman, Noriyoshi Kurihara. Increased S1P expression in osteoclasts enhances bone formation in an animal model of Paget's disease. Journal of cellular biochemistry. 2020
  • Kazuaki Miyagawa, Susumu Tanaka, Sachie Hiroishi, Yutaka Matsushita, Shumei Murakami, Mikihiko Kogo. Comparative evaluation of bone microstructure in alveolar cleft repair by cone beam CT: influence of different autologous donor sites and additional application of β-tricalcium phosphate. Clinical oral investigations. 2020. 24. 8. 2789-2797
  • Kazuaki Miyagawa, Yasuhisa Ohata, Jesus Delgado-Calle, Jumpei Teramachi, Hua Zhou, David D Dempster, Mark A Subler, Jolene J Windle, John M Chirgwin, G David Roodman, et al. Osteoclast-derived IGF1 is required for pagetic lesion formation in vivo. JCI insight. 2020. 5. 6
  • Jesus Delgado-Calle, Noriyoshi Kurihara, Emily G Atkinson, Jessica Nelson, Kazuaki Miyagawa, Carlos Maria Galmarini, G David Roodman, Teresita Bellido. Aplidin (plitidepsin) is a novel anti-myeloma agent with potent anti-resorptive activity mediated by direct effects on osteoclasts. Oncotarget. 2019. 10. 28. 2709-2721
もっと見る
MISC (41件):
  • 高畑 惣介, 相川 友直, 増田 智丈, 宮川 和晃, 古郷 幹彦. 扁平上皮癌骨吸収におけるTGF-βとIL-6の関与. 日本口腔科学会雑誌. 2018. 67. 2. 141-141
  • 毛利 真弥, 相川 友直, 宮川 和晃, 増田 智丈, 古郷 幹彦. 抗RANKL抗体は骨細胞マーカー発現を上昇させる. 日本口腔科学会雑誌. 2018. 67. 2. 164-164
  • 高畑 惣介, 相川 友直, 宮川 和晃, 自見 英治郎, 古郷 幹彦. 口腔扁平上皮癌による顎骨進展様式は腫瘍内微小環境により異なる. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2017. 35回. 202-202
  • 新宅 優子, 相川 友直, 田中 晋, 宮川 和晃, 内橋 俊大, 山田 早織, 高畑 惣介, 毛利 真弥, 辻 忠孝, 古郷 幹彦. 口唇裂・口蓋裂患者に対する上顎骨前方移動術後の中顔面軟組織変化. 日本顎変形症学会雑誌. 2017. 27. 2. 127-127
  • 宮川 和晃, 相川 友直, 新宅 優子, 田中 晋, 伊藤 慎将, 三原 聖美, 足立 敏, 石濱 孝二, 原田 丈司, 内橋 俊大, et al. 下顎頭切除と上下顎移動術の一期的手術の術後安定性. 日本顎変形症学会雑誌. 2017. 27. 2. 151-151
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2008 - 2012 大阪大学大学院 歯学研究科
  • 2001 - 2007 神奈川歯科大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 インディアナ大学 医学部 血液腫瘍内科部門
  • 2020/04 - 現在 大阪大学 歯学部附属病院 口腔外科1<制御系> 医員
  • 2017/09 - 2020/03 インディアナ大学 医学部 血液腫瘍内科部門 ポストドクタルフェロー
  • 2012/04 - 2017/08 大阪大学 歯学部附属病院 口腔外科1<制御系> 医員
受賞 (11件):
  • 2021/04 - 海外日本人研究者ネットワーク UJA論文賞
  • 2020/09 - アメリカ骨代謝学会 Plenary Poster TAF12, a Member of TFIID Transcription Factor Complex, Contributes to OCL Differentiation and Bone Resorption In Vivo
  • 2018/09 - Endocrine Fellow Foundation Travel Award
  • 2017/07 - 日本顎変形症学会 優秀ポスター賞
  • 2015/05 - 日本口蓋裂学会 優秀ポスター賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る