研究者
J-GLOBAL ID:202001013369977602   更新日: 2021年09月07日

金 鮮美

キム ソンミ | Kim Sunmi
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (4件): 光工学、光量子科学 ,  ナノ構造物理 ,  電子デバイス、電子機器 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): 量子情報 ,  テラヘルツ ,  光子検出器 ,  超伝導 ,  Low temperature physics
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2019 電荷敏感型赤外検出器(CSIP)の量子効率に資するプラズモン効果の研究
  • 2015 - 2017 グラフェンにおける電流注入型ランダウ準位発光の直接観測
  • 2008 - 2012 究極のナノスクイッドの開発とデバイス展開
論文 (49件):
  • Sunmi Kim, Hirotaka Terai, Taro Yamashita, Wei Qiu, Tomoko Fuse, Fumiki Yoshihara, Sahel Ashhab, Kunihiro Inomata, Kouichi Semba. Enhanced-coherence all-nitride superconducting qubit epitaxially grown on Si Substrate. arXiv:2103.07711. 2021
  • Kuan-Ting Lin, Hirofumi Nema, Qianchun Weng, Sunmi Kim, Kenta Sugawara, Taiichi Otsuji, Susumu Komiyama, Yusuke Kajihara. Nanoscale probing of thermally excited evanescent fields in an electrically biased graphene by near-field optical microscopy. Applied Physics Express. 2020. 13. 9. 096501-1-096501-5
  • Taro Yamashita, Sunmi Kim, Haruki Kato, Wei Qiu, Kouichi Semba, Akira Fujimaki, Hirotaka Terai. π phase shifter based on NbN-based ferromagnetic Josephson junction on a silicon substrate. Scientific Reports. 2020. 10. 13687
  • Ryoko Sakuma, Kuan-Ting Lin, Sunmi Kim, Fuminobu Kimura, Yusuke Kajihara. Implementation and Evaluation of a Spectroscopic System for Passive Near-Field Microscopy. IEEE Photonics Technology Letters. 2019. 31. 15. 1261-1264
  • Qianchun Weng, Kuan-Ting Lin, Kenji Yoshida, Hirofumi Nema, Susumu Komiyama, Sunmi Kim, Kazuhiko Hirakawa, Yusuke Kajihara. Near-field radiative nanothermal imaging of nonuniform Joule heating in narrow metal wires. Nano letters. 2018. 18. 7. 4220-4225
もっと見る
MISC (5件):
  • 金鮮美, 山下太郎, 加藤悠輝, 丘偉, 布施智子, 吉原文樹, 仙場浩一, 藤巻朗, 寺井弘高. π位相シフターを持つNbNベース超伝導量子ビットの開発. 信学技報 SCE2020-13. 2020. 120. 251. 26-28
  • 金鮮美, 梶原優介, 小宮山進. 電荷敏感型赤外光トランジスタ (CSIP). 「中赤外・テラヘルツ帯デバイスの進化を支える材料技術」レーザー研究 特集号. 2017. 45. 12. 762-767
  • 根間裕史, 小宮山進, 金鮮美, 梶原優介. 超高感度 THz 波検出器 (CSIP) の感度評価. 生産研究. 2016. 68. 2. 175-178
  • 梶原優介, 林冠廷, 金鮮美, 小宮山進. パッシブかつナノスケールな THz 顕微技術. 生産研究. 2013. 65. 6. 811-815
  • 金鮮美, 村上博成, 斗内政吉. 透過型レーザーテラヘルツ放射顕微鏡によるLSIイメージング. Proceeding of LSI Testing Symposium (LSITS). 2007
講演・口頭発表等 (52件):
  • Capacitively shunted flux qubit based on epitaxially grown NbN/AlN/NbN Josephson junctions on Si substrate
    (APS march meeting 2021 2021)
  • π位相シフターを持つNbNベース超伝導量子ビットの開発
    (超伝導エレクトロニクス研究会(SCE) 2020)
  • π位相シフターを持つNbNベース超伝導量子ビットの開発
    (第81回応用物理学会秋季学術講演会 2020)
  • NbN-based superconducting qubit on Si substrate
    (APS march meeting 2020 2020)
  • Recent Progress on the NbN-based Superconducting Qubit: 0-qubit and π-qubit
    (分野横断ワークショップ「量子コンピュータ研究開発の現在とこれから」 2020)
もっと見る
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所小金井フロンティア研究センター量子ICT研究室 主任研究員
  • 2018/01 - 2021/03 国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所フロンティア創造総合研究室 研究員
  • 2014/10 - 2017/12 東京大学 生産技術研究所 特任助教
  • 2013/04 - 2014/09 東京大学 生産技術研究所 特任研究員
  • 2012/12 - 2013/03 国立研究開発法人物質・材料研究機構 中核機能部門 微細加工プラットフォーム NIMSエンジニア
全件表示
受賞 (2件):
  • 2020/06 - (国立研究開発法人)情報通信研究機構 NICT理事長顕彰・優秀賞 「全窒化物π接合磁束量子ビット作製に成功」
  • 2018/12 - (国立研究開発法人)情報通信研究機構 NICT先端ICTデバイスラボ成果報告会・優秀ポスター賞 「Fabrication of superconducting quantum circuit with π-junction qubit」
所属学会 (2件):
日本応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る