研究者
J-GLOBAL ID:202001013411384684   更新日: 2022年07月10日

並木 有希

ナミキ ユキ | NAMIKI YUKI
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
研究キーワード (5件): Motherhood ,  家族 ,  現代アメリカ小説 ,  都市文学 ,  近代アメリカ小説
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2020 知的障害者の結婚・子育て生活の現状と支援-子育て支援プログラムの検討-
  • 2015 - 2019 <9・11>以降の米現代小説における「家庭性」表象の諸相
  • 2012 - 2014 <9・11>以降の米現代小説におけるニューヨークの都市空間表象の諸相
論文 (8件):
  • 平野順子, 平野真理, 廣田愛海, 並木有希. 母親の平等主義的役割態度と社会のギャップが就業と育児サポート受領に与える影響. 東京家政大学研究紀要. 2021. 61. 1. 29-36
  • Yuki Namiki. It’s a wise child who knows his own father: the figure of the American family in The Last Samurai and Extremely Loud and Incredibly Close. Textual Practice. 2020. 34. 12. 2131-2143
  • NAMIKI, Yuki. City as an Arena of Power--The Fountainhead (1943) as a New York Novel. 英語英文学研究. 2018. 24. 15-33
  • 平野順子, 並木有希. 育児期女性に対する講座の意義と今後の展開:自尊感情とレジリエンスの向上、そして社会復帰への準備に着目して. 東京家政大学研究紀要. 2017
  • NAMIKI, Yuki. The Romantic Edifice: Representation of Urban Space in Mr.Bug Goes to Town. 英語英文学研究. 2016. 22. 7-12
もっと見る
書籍 (16件):
  • 医療系学生のためのつたわる英語
    南江堂 2022
  • Women who changed the world: their lives, challenges, and accomplishments through history
    ABC-CLIO 2022
  • 知的障害のある親の子育て支援プログラム
    2018
  • 平成26年度NHKラジオ『村上春樹を英語で読む』 テキスト 3月号
    NHK出版 2015
  • 平成26年度NHKラジオ『村上春樹を英語で読む』 テキスト 2月号
    NHK出版 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • Needs Analysis for the Development of an English for Medical Purposes Curriculum
    (The 56th RELC International Conference and 7th Asia-Pacific LSP and Professional Communication Association Conference 2022)
  • The Maternal Desire as a Form of the Nuclear Family
    (Pacific and Ancient Modern Language Association Annual Conference 2021)
  • Lone Witch and Her Foundling: Mother-Son Relationship as a Form of Metafamily
    (Popular Culture Association/American Culture Association National Conference 2021)
  • Care Translates: Designing a Multicultural Communication Course for Medical Professionals
    (The 55th RELC International Conference and 6th Asia-Pacific LSP and Professional Communication Association Conference 2021)
  • 文章完成法からみる育児期女性の自己認識
    (日本発達心理学会第32回大会 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2011 ニューヨーク市立大学大学院センター 英文学科 博士課程
  • 2002 - 2008 東京大学 欧米系文化研究科英語英米文学研究専攻 博士課程
  • 2000 - 2002 東京大学 欧米系文化研究科英語英米文学研究専攻 修士課程
  • 1996 - 2000 東京大学 地域文化研究科(アメリカ文化研究)
学位 (1件):
  • Ph.D. (English) (ニューヨーク市立大学大学院センター)
経歴 (10件):
  • 2013/04 - 現在 東京家政大学大学院 英語・英語教育専攻 准教授
  • 2012/04 - 現在 東京家政大学 人文学部 准教授
  • 2019/04 - 2021/03 順天堂大学 保健医療学部 非常勤講師
  • 2013/04 - 2016/03 早稲田大学 大学院人間科学学術院 非常勤講師
  • 2014/04 - 2015/03 成蹊大学 文学部 非常勤講師
全件表示
所属学会 (3件):
日本アメリカ文学会 ,  Modern Literature Assocaitaion ,  日本アメリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る