研究者
J-GLOBAL ID:202001013664843782   更新日: 2021年07月12日

下林 俊典

シモバヤシ シュンスケ | Shimobayashi Shunsuke
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2020 動脈硬化症を誘発するマクロファージ内脂質蓄積化メカニズムの新シナリオ
  • 2018 - 2019 アテローム性動脈硬化症を誘起するマクロファージ内脂質蓄積化メカニズムの新シナリオ
  • 2013 - 2016 放射線によるゲノムDNA二重鎖切断の定量的解析技術の開発と数理モデルの構築
  • 2012 - 2013 低線量放射線によるDNA二重鎖切断の定量:新規な計測手法の確立と反応機構の解明
論文 (11件):
  • Nicholas Treen, Shunsuke F. Shimobayashi, Jorine Eeftens, Clifford P. Brangwynne, Michael Levine. Properties of repression condensates in living Ciona embryos. Nature Communications. 2020. 12. 1561
  • Ming-Tzo Wei, Yi-Che Chang, Shunsuke F. Shimobayashi, Yongdae Shin, Amy R. Strom, Clifford P. Brangwynne. Nucleated transcriptional condensates amplify gene expression. Nature Cell Biology. 2020. 22. 10. 1187-1196
  • 下林俊典、大崎雄樹. 液液相分離が駆動する細胞内オルガネラ. 生物物理. 2020. 60. 5. 267-271
  • Shunsuke F. Shimobayashi, Yuki Ohsaki. Universal phase behaviors of intracellular lipid droplets. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2019. 116. 51. 25440-25445
  • Shunsuke F. Shimobayashi, Mikiko Tsudome, Tomo Kurimura. Suppression of the coffee-ring effect by sugar-assisted depinning of contact line. Scientific Reports. 2018. 8. 1
もっと見る
MISC (1件):
  • Shunsuke F. Shimobayashi, Masatoshi Ichikawa, Takashi Taniguchi. Phase-separation transitions in asymmetric lipid bilayers. 2015
書籍 (1件):
  • 人工細胞の創製とその応用
    シーエムシー出版 2017
講演・口頭発表等 (4件):
  • 液液相分離が誘起する細胞内分子集合体のフロンティア
    (日本化学会第101春季年会, 中長期テーマシンポジウム「次世代分子システムが拓く未来の化学」 2021)
  • IDRが誘起する非膜型オルガネラの核生成
    (第43回日本分子生物学会年会 2020)
  • 細胞内脂肪滴の普遍的相挙動
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
  • DNA-脂質ブレンドフィルムの水和によるDNA内包リポソームの創出
    (第55回日本生物物理学会年会 2017)
学歴 (4件):
  • 2013 - 2016 京都大学 物理学・宇宙物理学専攻
  • 2014 - 2015 英国 ケンブリッジ大学
  • 2011 - 2013 京都大学 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
  • 2007 - 2011 京都大学
学位 (3件):
  • 博士(理学) (京都大学)
  • 修士 (京都大学)
  • 学士 (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 プリンストン大学 化学生物工学科 海外特別研究員
  • 2018/09 - 2020/03 プリンストン大学 化学生物工学科 客員研究員
  • 2016/10 - 2020/03 国立研究開発法人海洋研究開発機構 数理科学・先端技術研究分野 研究員
  • 2016/04 - 2017/03 École Normale Supérieure パリ校 ポストドクトラル研究員
受賞 (2件):
  • 2020 - 日本生物物理学会 若手奨励賞
  • 2017 - International Symposium on Fluctuation and Structure out of Equilibrium ベストポスター賞
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る